蜂蜜が美容とダイエットに効果的な理由とは?

「産後は痩せやすいわよ」

出典が明らかでない発言ですが、産後1ヶ月弱が経って妊娠前の体重に戻りました。しかし、もう少し痩せたいところなので家事と育児を運動と思って産後リフォーム用の骨盤ベルト(産褥ベルト)を巻いて頑張っています。

実は、今回は出産後に出来るだけ早く体型を戻したいと思って骨盤ベルトを巻き…悶絶するほどの痛みを味わいました。急ぎ過ぎたと思って自分できつさを調整できる腹帯を巻いていました(保温の役にも立ちました)。


骨盤ベルトの使用は産後2ヶ月目から半年が良い(悪露ができらないと体調不良の原因になるため、悪露が治まり1ヶ月健診で何も問題ないことが確認できた2ヶ月目からの使用が良い)

産後の女性の靭帯は軟らかい状態なので骨盤矯正の効果が出やすいため、この期間にゆっくりリフォームしていくのが望ましいです(産後半年頃に固定され始める)。ずっと使うのではなく、ほどほどに使うことで日常的に使わなくてはいけない筋力の衰えを防ぎます(筋力が衰えると下腹部がポコッと)

参考:産婦人科医・上田弥生医師監修「【医師監修】骨盤ガードルは産後いつから?口コミで人気のアイテム3選」(マイナビウーマン子育て)

蜂蜜は砂糖より太りにくい

蜂蜜(ハチミツ)の方が砂糖よりも3倍甘いと言われています。

砂糖(大さじ1杯約35kcal)に比べて蜂蜜(大さじ1杯約62kcal)の方がカロリーが高いですが、蜂蜜の方が甘みが3倍強いので甘味料としては3分の1であり、結果的にカロリーも抑えられます。

但し、蜂蜜は40℃を超えると砂糖よりも甘味が低くなるので注意しましょう。

砂糖の代わりに煮物の味付けに蜂蜜を使うと良いと言われますが、コクはでますがカロリーは抑えるどころか大分アップしてしまいます(サラダやデザートなど常温で代用するのが良い)。

 

便秘、下痢の改善効果あり

蜂蜜にはグルコン酸やオリゴ糖が含まれるため、腸内のビフィズス菌を増やし活発化させる効果があります。

ビフィズス菌が多いヨーグルトに蜂蜜を入れれば便秘、下痢、胃潰瘍の改善効果がとても高くなります。

グルコン酸には殺菌作用や保湿効果があります。風邪の引き始めに食べたり、傷口に塗ると皮膚や粘膜の保護ができます。
但し、1歳未満の赤ちゃんが蜂蜜を食べると乳児ボツリヌス中毒を発症する可能性があるので、絶対に食べさせてはいけません(母親が食べても母乳に影響はない)。

 

抗酸化作用で美肌効果あり

蜂蜜にはポリフェノールやナイアシンが含まれているので抗酸化作用があり、シミやシワを防ぎ、肌荒れを改善する効果があります

アンチエイジング効果のあるナッツ類を蜂蜜で浸けた「ハニーナッツ」は甘さと歯応えで少量でも空腹を満たすことができるダイエット食品です。

[amazon_link asins=’B0721LQJ1P’ template=’ProductCarousel’ store=’tuduri-22′ marketplace=’JP’ link_id=’4070fda2-9af2-11e8-8785-d7972cdab199′]

また、ナッツには良質な脂と食物繊維が豊富に含まれているので、便秘を改善する効果があります。

ナイアシンはアルコールの代謝をサポートするので、お酒のお伴にも最適です。

 

スポンサードリンク



0

takka

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。