米国産の牛肉と豪州産の牛肉の特徴と違い

庭の植物たちが伊吹始めたこの頃、屋上や庭でのバーベキューにはまっています。ホルモン(シロ)をつまみビールを飲むのが何とも言えない贅沢です。
ミニコンロでバーベキュー

「ハラミ旨いね。オージー(豪州産)?」
「米国産。まぁ、あまり違いがないけど」

「はぁ?全然違うだろ!?」

聞けば狂牛病が流行ったとき米国産の牛肉が激減し、豪州産の牛肉にはずいぶんと助けられたという思い出が旦那にはあるとか…

産地以外に何が違うのか、と調べてみました。味については好みがあるので、どっちの方が美味しいのかは割愛します。

広告

米国と豪州は飼料が違う

米国産(アメリカ産)と豪州産(オーストラリア産)のはっきりした違いは飼料(エサ)です。

米国産は穀物飼育で、そのため牛肉はやや硬く赤みが多いが適度な脂肪があります。一方豪州産は牧草飼育で、そのため赤みが多くやや臭みがありやや硬い牛肉になります。

オーストラリアは疫病に強い

狂牛病(BSE:牛海綿状脳症)が流行したとき豪州産牛肉は大丈夫だったという過去があります。

狂牛病の原因はいくつかあげられますが、飼料として与えられる肉骨粉の汚染が代表的です。成長を早める効果のある肉骨粉は狂牛病が流行するまではよく利用されていました。

しかしオーストラリアも肉骨粉を利用していました。それでも被害がなかったのは狂牛病の流行にいち早く政府が対応たからです。国際基準以上の厳格な検疫対策と監視プログラムをもつオーストラリアなので“疫病のない国”が可能なのです。

国産牛は牛小屋飼育

国産牛肉のほとんどは穀物飼育で米国産牛肉と同じですが、米国産牛肉との違いは飼育方法にあります。

アメリカやオーストラリアのように広大な土地で放牧飼育されていますが、日本ではほとんど牛小屋で一頭一頭飼育されています。その結果、国産牛肉は柔らかく旨味があります。

最近では日本人の好みに合わせて、オーストラリアでも穀物で飼育したものを日本に輸出する傾向もあります。つまりあまり米国産と豪州産に差はなくなっているということです。

【了】

スポンサードリンク

0

takka

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。