メルカリで株主優待券は売買できない?

メルカリで現金の購入が問題になり、’17年4月下旬に規約が変わって現金や現金に相当するものの売買ができなくなりました

株主優待券もその“現金に相当するもの”の1つであり、先日知らずに使わない株主優待券を出品したらメルカリ事務局から「出品物が“禁止されている出品物”にあたるため出品を削除しました」という連絡が来ました。

メルカリに現金が出品されている問題は『最新の貧困ビジネス』として昨年大々的にニュースで取り上げられました。

参考:「メルカリに「福沢諭吉紙幣」が出品された理由」(東洋経済オンライン)

どんな形に折られていようと1万円紙幣は1万円です。その1万円紙幣が、例えば50000円分が59500円で売買されているのです。

この怪現象が起きているのは、普通にお金を借りられない人をターゲットとして貧困ビジネスが成立しているからです。同様の手段としてクレジットカードの現金化があります。
  ↑
すぐに現金を得る必要がある、一般的な金融機関(消費者金融含む)ではもう借りられないといった事情あり

このことは法律的にも問題があるとされ、メルカリでは是正措置がとられ現在は現金および現金に相当するものの出品を24時間監視しているようです。

そこにノコノコ(?)と「株主優待乗車券」というタイトルで出品したのですから、それはメルカリ事務局のアンテナに引っ掛かりますよね

当然ですがメルカリの出品はやめ、近くの金券ショップにでも持っていこうと思います(金券ショップは免許があるので、“現金に相当するもの”でも買い取ってくれます)。

【了】

広告

0

takka

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。