エコバッグがあってもレジ袋は増える!大きなカゴを作って放り込んでいくことにしました

いずれ使うレジ袋は捨てずに取っておいてしまいます。レジ袋が有料だったり、袋持参すれば割引されるスーパーにはエコバッグを持っていきますが、ホームセンターやコンビニに持っていくことはあまりありません。

2020年7月から全小売店一律でレジ袋が有料化になる法律がスタートするので、自宅にたまるレジ袋の量は減ると予測できますが、ゼロになることは当分ないだろと思います。

生活感を感じさせないインテリアが流行る中で生活感モロだしなのがレジ袋。そのためレジ袋ストッカーは色々ありますが、ズボラな私には面倒なものが多く…結局自分で作りました。

バケツのような形が放り入れやすいので、クロッシェジュード(黄麻100%)の太いやつを5玉(1玉50m)使って作りました。底面の直径約36cm、高さ約18cmの寸胴形で製作時間は約10時間です。

クロッシェジュードはトーカイ(手芸店)で購入しました。1玉約600円です。園芸や荷造り用にも麻糸がありますが、ゴワゴワしていて手芸には向きません。

太目の麻糸でかぎ編みする場合の推奨かぎ針は(10/0号~8mm)ですが、その半分の太さのかぎ針でも作ることはできました。

スポンサードリンク
0

takka

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。