家計に打撃!今年の酷暑は卵の値段さえも上げる

最終更新日

Comments: 0

<関東平野を襲った約2週間の熱帯夜>がようやく終わりました。

この酷暑で卵を産む鶏も夏バテしてしまい、エサをあまり食べないせいでLサイズの大きな卵(玉子、たまご)が不足し値上りし始めたそうです。”家計の優等生”である卵の異常事態です!

我が家は養鶏場の外に設置された自販機で卵を買っています。

1袋20個入り300円で格安なのですが、我が家の冷蔵庫の卵置き場は14個まででいつも保管場所に悩まされます。ゆで卵が好きな一子のために煮卵を作ったりしています。

  1. 卵をゆでる(半熟ならば約7分が目安)
  2. 殻をむいて水をしっかり切る
  3. めんつゆ100mlに水250mlを混ぜる
  4. (2)を(3)につけて1日以上冷蔵庫で保管

何となく口寂しいときにつまめる煮卵は重宝されます。さらにゆで卵には次のようなダイエット効果があり、特に食べれば食べるほどやせられる効果にはズボラな私も感謝×2です。

  • 胃に長く留まるので食欲を抑えられる
  • 消化にカロリーを使う(代謝が上がる)
  • 筋肉を強化して代謝を上がる

代謝が上がると脂肪の燃焼量が増えて必然的に体重が減ります(きっと)。

スポンサードリンク



シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。