小蠅の駆除に仕掛けた「めんつゆトラップ」の効果は絶大!

最終更新日

Comments: 0

ジメジメと湿気が多いため体長2mm程度の小さなハエが家のあちこちで飛びイラッとしています。調べてみるとショウジョウバエと思われ、ネットで調べてトラップを仕掛けることにしました。

家から湿気を取り除くことは不可能ですし、ご飯を作っているので生ゴミはでてしまいます。それならば集めて駆除するしかないと思ったのです。トラップの効果が出てくるのは即日~数日後とのことです(効果が出ることを祈ります)。翌日の夕方には大量のショウジョウバエがかかりました!

今日はショウジョウバエに仕掛けたトラップを紹介します。

広告

コバエ対策に効果絶大な「めんつゆトラップ」

多くの地域が該当すると思いますが、我が家のある地域では燃えるゴミの回収は週に2回です。2~3日は生ゴミを置いておくことになり、湿度が高い時期は小さなハエが飛び始めてしまいます。皆さんのご家庭でも心当たりがありませんか?この小さなハエはショウジョウバエを思われます。

「ショウジョウバエ」は和名です。目が赤いことと酒を好んで集まるという習性から妖怪「猩々(しょうじょう)」に因んで名づけられました。「ショウジョウバエ」の学名「Drosophila」はギリシア語で「湿気・露と好む」という意味です。

ショウジョウバエは世界中にいてその数も3,000種類を超えるそうですが、「露蠅」「果実蠅」「ワイン蠅」「酢蠅」と好むものはどこに行っても同じようです。

ショウジョウバエは基本的に鬱陶しいだけで病気の原因にはなりません(動物のフンや腐敗動物質といったタイプの汚物には接触しないため)。

ショウジョウバエの撃退はショウジョウバエの好む環境・ものを家から排除、もしくは「めんつゆトラップ」のようにショウジョウバエの好むものでおびき寄せ駆除するだけです。

ショウジョウバエの好む環境・もの
● 湿気の多いもの
● 果実臭、アルコール臭、腐敗臭がするもの

生ゴミは水気を切り、ビニール袋の口をしっかり縛って捨てましょう。場合によっては捨てる直前まで冷凍しておくこともおススメです。袋1枚では密封が弱いので、袋を2~3枚使ってその都度きつ~く縛りましょう。

人間にとって密封したと思ってもショウジョウバエの体長は2~3mmです。僅かな隙間を縫って侵入してきます。臭いのもとを断つように工夫してみましょう。

ゴミの臭いを防ぐもの
● 重曹をかける(酸性のゴミを中和して臭いを防ぐ)
● クエン酸を含む水を吹きかける
※水100mlに対しクエン酸2~3gを溶かした水をスプレー容器に入れておくと便利

家をキレイに使うことは大切ですが、神経をとがらせて生活し続けていては心が疲れてしまいます。虫は人の隙をついて入って来るのですから、一ヶ所に集めて一網打尽にすることも1つの方法です。

ショウジョウバエを集めるトラップ
● めんつゆトラップ
● 料理酒トラップ(吟醸香が効果的)
● 赤ワイントラップ
● 麦茶トラップ
● 酢トラップ(りんご酢や黒酢が効果的)
● パンケーキシロップトラップ

容器に1cmくらい水を入れ、そこにめんつゆを数滴、中性洗剤を数滴加えます。中性洗剤は柑橘系のものが効果的らしく、表面張力を活かすために泡立てる必要はありません。

容器は口が広いものが効果的です。また光の反射に吸い寄せられる習性がある小さなハエもいるので、アルミカップを利用することが効果的のようです。

私は娘がひっくり返すと危ないので、ペットボトルの上半分を切り落としてトラップ容器を使いました。ギザギザの口なので夫が誤って飲むことはないでしょうが、「小ハエ駆除中」とラベリングしておきました。

1日以上置いてからが本番のようです。早くいなくなってくれると嬉しいのですが…(- -;) 翌日の夕方から大量に捕獲できました。いなくならないので”イタチゴッコ”のようですが…(- -;) 

▽ ”めんつゆ”が料理以外にも役立つとは…



「創味のつゆ」に料理酒をブレンドしてトラップを作成

【出典】
● ショウジョウバエ(Wikipedia)
  https://ja.wikipedia.org/wiki
● 「めんつゆトラップ」だけじゃない!うっとおしいコバエを殲滅する方法(LINOMY)
  https://m3q.jp/t/563

【履歴】
2016.10.4 めんつゆトラップの結果報告を追加(一部修正)

スポンサードリンク

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。