祭りで通りに飾られる縄と白い紙の名前は?

最終更新日

Comments: 0

「これをよろしく」

自治会の人が回って来て藁の縄(ロープ)と白いギザギザの紙を渡されました。

お祭りのときに道に沿って飾られている”やつ”かぁと”何か”は直ぐに解かったものの、「いつ張るのか」「どうやって飾ったらいいか」が解りません

「どうしたら良いんですか?」

こういうときは年配者に聞くに限ると思って聴いてみたところ「こういうのは慣れるしかないからねぇ」とニコニコ笑って次のお宅に向かって行きました。

「答えになっていないよぉ

せめて名前くらいは教えて欲しかった・・・とりあえずネットに頼ってみるとアッサリと答えが見つかりました(突然渡されて対応に困る若人が多いようです)

白いギザギザの紙は「紙垂(シデ)」と言うようです。今回は紙垂の意味、つけ方、そして付ける時期と処分方法についてまとめてみました。

地域の新参者で困っている若い夫婦の一助になると嬉しいです。

広告

配られるヒモは「しめ縄」

祭りのために配られるしめ縄と紙垂
お祭りのときに配られる紐(ヒモ)と紙のうち、紐の方を「しめ縄」といいます。しめ縄は「注連縄」と書いたり、「標縄」「七五三縄」と書いたりもします。

しめ縄を見るならば神社に行きましょう!神社の入口や御神体をぐるっと囲むようにしめ縄は結ばれています。正月のしめ縄飾りもしめ縄の1つです。

しめ縄は神道における神具の1つで、神域と現世を隔てる結界の役割があります。しめ縄で囲まれた部分が神域となり、神域に入ることで厄や禍を払ったりします(「禁足地」の印になっているところもある)。神道の根幹の1つに稲作信仰があるので、しめ縄は稲藁や麻で作られます。

しめ縄は全て同じに見えても素材以外に撚り方(編み方)で違いがあります(しめ縄は藁や麻を撚ってつかう)。一方は時計回りの左綯え(ひだりなえ)、もう一方は反時計回りの右綯え(みぎなえ)です。祀る神が男神か女神かで厳密に使い分ける神社もあります。

【左綯え】
太陽の回り方と同じなので”火=男神”を表す

【右綯え】
太陽の回りに逆行するので”水=女神”を表す

配られる白い紙は「紙垂(シデ)」

交互に切り口を入れて紙垂を折る
お祭りのときに配られる紐(ヒモ)と紙のうち、紙の方は「紙垂(シデ)」といいます。紙垂は「垂」「四手」と書いたりもします。玉串や祓串などにつけられることもあります。古くは木綿(ゆう)で作られていましたが、最近では紙(奉書紙、美濃紙、半紙)で作られるのが一般的です。

紙垂の断ち方・折り方にはいくつか流派・形式があります(主な流派は吉田流・白川流・伊勢流)。

どの紙垂も雷光・稲妻をイメージしており、邪悪なものを払うと言われています。稲妻をイメージするのは落雷があると稲が育ち豊作になるという考え方であり、紙垂も注連縄と同じ稲作信仰となっています。

【紙垂の付け方】
お祭りのときは地域全域を神域とするため各家庭にもしめ縄と紙垂が配られることがあります。基本的にしめ縄は1本、紙垂は3枚、5枚、7枚が一般的です(バランス重視で4枚の場合もある)。

雷をイメージしているため紙垂は右下に垂れていく向きで、等間隔でしめ縄に挟み込んでいきます。縄は撚ってある向きと逆にねじると緩みます。風や雨で飛んだり落ちたりしないように深く挿しこみましょう(ホチキスで止めているお宅も見かけました)。

しめ縄と紙垂の処分方法

しめ縄は祭りの期間が終わったら速やかに外します。最終日の夜もしくは翌朝です。

外したしめ縄の処分方法は2つあります。1つは神社に持ち込んで処分してもらう方法、もう1つは地域の指定された日に燃えるゴミとして処分する方法です。神社に持ち込んで処分する場合、”お焚き上げ代”として有料な場合があります。

燃えるゴミで処分する場合は次のようにしましょう(あまり長く家においておくのもよくありません)。

・ しめ縄と紙垂に塩をまいて清める
・ キレイな紙に包む(新聞紙や包装紙でもよい)
・ 他のゴミと一緒にせずしめ縄と紙垂だけを袋に入れて捨てる

また正月に飾るしめ縄・しめ縄飾りについては松の内の期間中に取り外すのが一般的です。松の内は関東と関西で異なり、関東では1月7日、関西では1月15日です。そして神社で行われるどんと焼き(地域によって名称や開催日は異なる。関東では1月15日)に持ち込み、一斉にお焚き上げしてもらうのが通例です。

【了】

スポンサードリンク

【目次】
● 注連縄(シメナワ)と紙垂(シデ)
● 紙垂(シデ)の付け方
● 注連縄を張る時期と処分方法

注連縄(シメナワ)と紙垂(シデ)

注連縄を張る時期と処分方法

スポンサードリンク

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。