中秋の名月に母娘で団子づくりを楽しむ

最終更新日

Comments: 0

昨夜は中秋の名月(十五夜)ということで娘と一緒に月見団子を作りました(まだ2歳の娘は隣に立って「これなに?」と言うだけですが)。

今回は中秋の名月(十五夜)についてまとめてみました。「2016年の十五夜(中秋の名月)の楽しみ方」(All About暮らし)「十五夜、十三夜、十日夜の3月見とは?」(All About暮らし)を参考にしました。

2016年の中秋の名月は9月15日(木)でしたが、今年(2017年)の中秋の名月は10月4日(水)です。(2017年9月5日追記)

広告

古代日本で盛んだったとされる月信仰

お月見で団子などお供えものをするのは、月が信仰の対象の1つだったからです(月信仰)。

諸説あるうちの1つですが、古代の日本では太陽信仰よりも月信仰の方が盛んだったと言います。月は満ち欠けがあるので日にちが分かりるからです(稲作中心の日本では収穫の時期の計算が大事)。

十五夜は収穫に感謝する祭りとして、収穫物を月にお供えします。里いもなどイモ類を供えることが多いため、十五夜は別名「芋月見/芋名月」というようです。

十五夜は毎年おなじ日付?

十五夜は毎年同じ日ではありません

十五夜は太陰暦(旧暦)の8月15日に行うものです。現在は太陽の動きを基準にしている太陽暦を使っており、月の満ち欠けを基準にしている太陰暦とはズレがあります。
 ↓
「そろそろ十五夜」と思う目安
十五夜(旧暦8/15)は毎年9月中旬~10月上旬にやってきます。

しかし2~3週間の幅があると企業の商品開発等に影響もあるため、十五夜を9月15日に固定化するケースも増えています(ハロウィン商戦の激化により固定化は増加傾向あり)。

満月じゃないのに十五夜?

「今年の十五夜は満月です」と報道されるように、十五夜が満月とは限りません

これは月と地球の公転軌道の関係で新月から満月までの期間に14~16日間と幅があるからです。十五夜は新月を一夜とするので14日間周期ならば十五夜が満月になるのです。
 ↑
「十五夜=満月」は稀な現象

「中秋」それとも「仲秋」?

十五夜を「中秋の名月」と表現しますが、「中秋」を「仲秋」と表現することもあります。どちらの漢字を使うかによって意味が異なります。

旧暦の7月~9月を「秋」といいます。さらに細かく7月が「初秋」、8月が「仲秋」、9月が「晩秋」と表現され、「仲秋の名月」とは「8月の名月」という意味になります。

7月~9月の”秋のど真ん中の日”を「中秋」といい、旧暦8月15日が中秋になります。そのため「中秋の名月」とは「旧暦8月15日の名月」という意味になります。
 ↓
十五夜の場合は「中秋の名月」と表現する方が多い

月に見立てた団子はいくつが正しい?

月に見立てた団子をいくつ供えるかは2つの説があります。

1つは1年間の満月の数で12個(閏年の場合は13個)という説、もう1つは十五夜だから15個という説です。

”三月見”ができると縁起が良い

今回の十五夜・中秋の名月(旧暦8月15日)は有名ですが、月見行事は十五夜だけではありません。月見行事には十五夜を始めとして、「十三夜」と「十日夜」があります。

【十三夜】
十三夜は旧暦9月13日の月見で、十三夜の月は十五夜の月に次いで美しい月だと言われています。昔から十五夜と十三夜は対になっており、どちらか一方だけの月見を「片見月」「片月見」と言います。

片月見は”縁起が悪い”?

十五夜の月見は中国からきた風習ですが、十三夜の月見は日本独特の風習です。だから「片月見は演技が悪い」というのは日本だけの考えです(日本でも地域によっては無い)。

十五夜同様に十三夜も毎年日付けが異なり、2016年の十三夜は10月13日です。

また十五夜が別名「芋月見」というように、十三夜も「栗月見/栗名月」または「豆月見/豆名月」というそうです。

【十日夜(とおかんや)】
十日夜は「稲刈りが終わり田んぼの神様が山に帰る日」です。パソコン変換でも出てこないように今では十日夜を知らない人の方が多いです(私も知りませんでした)。

十日夜はハロウィンと同じく日本の収穫祭ですが、東日本と西日本で日付けの決め方が異なります。東日本の場合は”旧暦10月10日”で、西日本の場合は”旧暦10月の亥の子の日”です。

スポンサードリンク

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。