豚の角煮を電子レンジで温めたら爆発して軽い火傷を負いました

最終更新日

Comments: 0

冷蔵庫と同じようにキッチン家電として馴染みの電子レンジですが、使い方を誤ると大きな事故となることがあります。「電子レンジであの料理がまさかの爆発」を体験したので、電子レンジで爆発が起きる原理を含めてまとめてみました。

電子レンジで爆発しやすい食材・料理

食材や料理を電子レンジで温めるとき「爆発する」とは思わないものです(思っていたら電子レンジは使用しません)。電子レンジで爆発しやすものとして有名な食材は次の通りです。

  • 卵・ゆでたまご
  • ソーセージ
  • イカ
  • 丸魚
  • なす
  • オクラ
  • ギンナン

電子レンジで食材が爆発する原因は内圧

電子レンジで爆発が起きる原因は内圧の上昇です。

内圧とは<内側から外側に押し出す力>で、力を逃がす場所がなく中に溜まり続けるとパンパンに膨れて、小さな亀裂などがきっかけとなり爆発を起こします(亀裂に溜まった力がどっと押し寄せる)。

電子レンジで温めると水蒸気が出る

電子レンジは食材の中にある水分子をマイクロ波で振動させて発熱します。

電子レンジで食材を温めていたときシューッシューッと音がしたり、扉の内側に水滴がついたことはありませんか?それは水が熱せられて変化した水蒸気です。

水が水蒸気になると体積が1,700倍に増えます。大さじ1杯弱の水が2Lペットボトル1本分の水蒸気になるイメージです。

通常ならば、水蒸気になって一気に膨れあがっても隙間から抜けていきます。あのシューシューという音や扉の内側の水滴がその証拠です。

水蒸気が出ていけないと爆発する

電子レンジで温める食材や料理に膜や殻でおおわれているものがあると、その中の水蒸気が抜けられずに内圧が高まり、限界に達すると爆発します。

卵の黄身を覆う膜、生魚の表面を覆っているぬるっとした皮、なすのつるっとした皮など「これも膜だった!」とあとから気づくような些細な膜でも爆発は起きます。

また、意外に忘れがちなのが脂の膜です。今回私が爆発させた豚の角煮は分厚い脂身があり、表面は脂の膜が覆っていました。

電子レンジの外で爆発が起きることもある

一度高まった内圧はすぐに低くならないので、電子レンジから取りだした後に爆発することもあります。

特に油たっぷりの料理を温める場合、表面の油の膜は菜箸をさすなど外的要因が重なって爆発が起きることもあるので電子レンジ外で爆発することが比較的多いです。実際に今回私が経験した豚の角煮の爆発原因はこれに該当します。

電子レンジでの爆発による被害例

基本的に電子レンジ内での爆発が起きるため、「驚いたw」程度ですむケースが多いです。しかし、場合によっては笑いごとでは済まされないこともあります。

飛び散った食材から悪臭

電子レンジの中に飛び散った食材や油は悪臭の原因になるので必ず掃除するようにしましょう。

電子レンジで使用できる耐熱容器に水(200ml)と重曹(大さじ1)を入れ、サランラップをかけずに電子レンジ3~5分温めます。加熱後、扉を開けずに20~30分間放置してから電子レンジ内の汚れをふき取るとキレイになります。

爆発の衝撃で電子レンジの扉が破損

場合によっては電子レンジ内での爆発でも扉が割れるほどの爆発もあります。扉が割れてしまったら次のようにしましょう。

  • 鋭くて細かい破片が飛び散るので注意
  • 散らばり範囲は予想以上の広範囲

割れた扉を自分で補修して使う人もいますが、火災や事故につながる可能性があるのでやめましょう(修理はきちんとメーカーに依頼)。

噴き出た水蒸気や飛び散った食材で火傷

電子レンジ外で爆発した場合は噴き出た水蒸気や同時に飛び散った食材で火傷を負う可能性が高いです。水蒸気は約100℃の高温です。

火傷を負った場合は患部を速やかに冷やし、必要に応じて医療機関を受診して下さい。また、電子レンジ外での爆発の場合は予想以上の広範囲に飛び散るので、子どもや赤ちゃんの火傷にも注意しましょう。

今回私は温まった煮汁を浴びて顔に2ヶ所軽いやけどを負いました。眼鏡をかけていて目が無事だったこと、娘たちが離れた場所で遊んでいたこと、この2つは偶然の幸いでした。

電子レンジでの爆発を防ぐ方法

  • サランラップは密封させない
  • 密封容器のフタは外す

電子レンジで爆発が起きそうな食材をあたためないこと、そして上記2点を守るだけで電子レンジでの爆発事故は大半を防ぐことができます。食材については次のように注意しています。

  • 殻は外す
  • 中のものを包む膜や皮には切れ目を入れる(薄いものもあるので要注意)
  • 上の2つができない食材は電子レンジで温めない

電子レンジは当たり前の調理器具になっていたので扱い方がやや雑だったと反省し、料理を温めるときはよく注意するようにします。

出口を見つけた水蒸気が一気に噴出、私の顔はほどほど熱い煮汁まみれになりました(数か所かるい火傷あり)。眼鏡をかけていて良かったです。

電子レンジでの爆発は運である可能性

アラフォーの人生で角煮を電子レンジで温めたのは初めてのことではありません。しかし、今まで爆発が起きなかったのはただの<運>だったのだと今回痛感しました。

電子レンジで爆発が起きる原因は、水蒸気によって高くなる内圧を低くさせない膜や殻があることです。

電子レンジ内でボンッと音がするのは意外とよくあることで軽視しがちです。しかし、その爆発は電子レンジの外でも起きることがあり、爆発に火傷を負ったり場合によっては失明など重大な障害を負うこともあります。

電子レンジで爆発が起きる原理を十分に理解し、改めて使用方法を見直すことで電子レンジでの爆発事故の多くは防ぐことができます。

スポンサードリンク


シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。