本を高く売るコツ!もう読まないなら1日でも早く売る!

最終更新日

Comments: 0

― もう読むことはないけど売りに行くのは面倒くさい ―

私にはこんな経験がよくありました。車で近くの、十数分で行ける距離にあるブックオフに持ち込めばいいのに、その手間を面倒に感じてしまい本棚にしまいこんでしまっていました。こんなことをしていたら直ぐに本棚はパンパンになります。夫婦で本を集めればあっという間です。

このままでは本棚の増設が間に合わないと思い、1年ほど前から段ボールを1個用意して「もう読むことはない」という本をどんどん入れていくことにしました。10冊以上たまったらブックオフオンラインに買取依頼をしています(10冊は宅配集荷最低条件)。

ブックオフオンライン【PC・携帯共通】

不要なものが片付くとスッキリします。この爽快感はとても気分がいいです。本や洋服はリサイクルという手段があるので、”捨てる”と違って罪悪感が少ないため片付けやすいです。

セカンドストリート オンラインストア スポンサードリンク

古本を高く買い取ってくれるポイント

  • 人気の本で需要がある
  • 本の状態
  • その本の初版が発売されてからどのくらい経ったか

古本業界の大手チェーンの判断基準はこの3つです。本の状態の悪化には経年劣化もあるので、2と3の条件から「もう読まない」と判断した本はできるだけ早く売ってしまうと良いです。

この3つはあくまでも大手チェーンの判断基準です。希少本や一部関係者には人気のある本など、本そのものの価値を評価して欲しい場合は地元の古本屋に持ち込む、または、ネットオークションに出して売ることをオススメします。

大手チェーンの強みは個人向けの販路の広さです。どこでも買える書籍ならば大手チェーンの方が高く買い取ってくれる傾向があります。

オンライン古本屋を利用するメリット

インターネット上のやりとりだけで古本の売買をする業者を「オンライン古本屋」と言います。一般的にどこでも買える書籍ならば、オンライン古本屋の買取価格が高い傾向があります。

また、オンライン古本屋の多くはネット、宅配業者、銀行振込を上手に活用して実際に店に古本を持ち込むよりも手間と時間がかからない傾向があります。「子育てや仕事で忙しい」「本が重くて運ぶのが大変」という問題をオンライン古本屋は解決してくれます。

利便性の高さから書籍をネットで買う人は多いです。それは古本市場でも同様です。買取価格は需要と供給のバランスであり、インターネット上はの需要は高く見込まれるため買い取り価格は高くなる傾向があります。

オンライン古本屋を利用するデメリット

そのオンライン古本屋が信頼できるかどうか分からないことです。「古本を送ったのにお金が振り込まれない(業者に連絡がつかない)」というトラブルも少なからずあります。

また、買取依頼(申込み)のときに個人情報と銀行口座を登録するケースが多いです。利用したオンライン古本屋が悪徳業者の場合、これらの情報を悪用される可能性もあります。

オンライン古本屋はたくさんあり、業者の善悪を判断することは難しいです。口コミで判断する人も多くいますが、口コミは誰でもコントロールができるので、私はブックオフオンラインを利用しています。ブックオフオンラインはブックオフ唯一の公式サイトであり、ブックオフは古本市場の中でも大手なので安心して利用できています(もちろんトラブルも起きていません)。

ブックオフオンライン【PC・携帯共通】

ブックオフオンラインの利用方法

申込み

まずはWebで買い取りの申込みをします。初めて利用する場合は会員登録を先にします(買取金を振り込む銀行口座も登録)。入力する内容は簡単なもので、集荷日以外は悩む必要はありません。

集荷日時は最短翌日以降で細かく指定できます。業者指定の宅配業者が記入済みの送付状を持って自宅に取りに来てくれるので、送付状を用意する必要はありません。

箱詰め(袋詰め)・集荷

売るものと必要書類(同意書や本人確認書類)を段ボール箱に入れます。数が少ない場合は紙袋でも良いです。

箱がムダに大きいと宅配料が高くなってしまうので、売る量に合わせたサイズの箱を用意すると良いです(小さい箱いくつかに分けるのはよくない)。集荷は業者指定の運送会社が指定した日に来てくれます(無料)。配送伝票はドライバーが持っているので、用意した箱または袋を渡すだけで集荷終了です。

段ボールはいつもスーパーで無料のものを手に入れています。段ボールや紙袋を用意できない場合は段ボールも販売してくれます(1個200円)。

「売れないもの」に注意

  • 雑誌
  • パンフレット
  • 定価表示や裏面のバーコードがない書籍(同人誌など)
  • 教科書
  • 非売品
  • 謹呈・蔵書、ハンコやサインがあるもの
  • レンタル
  • 書き込みのあるもの
  • 破れ、しみ、水ぬれ、カビ、ひどい汚れ、日焼け、ゆがみ、乱丁、ニオイが強い書籍
  • 書籍付きの付録や特典のないもの

こんな書籍は基本的に買い取られません(オンライン中古屋の多くが類似基準)。また、不正品の疑いがある場合(万引きによる転売や海賊版などであることが疑われる場合)は所轄警察署に申告する場合もあります。

査定・入金(または、キャンセル)

集荷から約1週間~10日程度で査定が完了し、Web上で査定金額を確認できるようになります。

申し込み時に「おまかせ承認コース(スピード入金)」を選択すると、査定からすぐに買取金額が銀行口座に振り込まれます。「査定結果を確認してから承認コース」を選択すると、査定結果が納得できなければキャンセルすることもできます。

査定金額に不満がある場合はキャンセルでき、値段の付いた商品は返却されます(送料は自己負担)。但し、キャンセルが可能なのは申し込み時に「査定結果を確認してから承認コース」を選択した場合のみです。

スポンサードリンク

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。