芝生の生育期はガシガシ、ザクザクが大切

最終更新日

Comments: 0

ホームセンターで購入した芝の種を3月初旬に蒔き、無事に芽吹いて青々と茂りました。
種をまいて半年の芝生
我が家が選んだのは西洋芝です。芝の選び方については「」を読んでください。

「芝を種から育てるのは難しい」と聞いていました。確かに鳩に種を食べられ、さらに蒔きムラができて難しいと思いつつも、どんどん成長して拡がって行く姿はとても楽しかったです(鳩との戦いについては「」を読んでください)

芝生の生育期は4月~9月、9月は越冬を見越した管理となります。雑草抜いて、サッチを除去して、エアレーション、そして最後に肥料をまく…結構やることがありますね

今回は種をまいてから今にいたるまでの芝の管理についてまとめてみました。庭に芝を植えようと思っている人の参考になると嬉しいです。

広告

雑草を抜く

”芝生でも使える除草剤”もありますが、私は雑草は抜くです。

子どもが遊ぶ庭なので薬剤を使わない方が安心、更に薬剤を使うと枯れた雑草は残る…抜けば何も残らないので見た目がキレイになります

雑草の生育期(夏)は面倒臭がって芝刈り機でガーッと刈っていましたが…上手く刈れず、結局手で抜くことも多かったです(抜くと出来栄えが全然違う)。

やっぱり芝刈り機は本来の使い方、芝を刈る用なんだと実感しました。

雑草を抜くと土が軟らかくなり、芝も根をはりやすいのか青々と茂ります。逆に芝が拡がらない部分があったら下に雑草の根がある可能性があります
  ↑
芝の種をまく前の土づくりで除去したシノの生き残りが成長し、地面の中で拡がっていました(芝を犠牲にして除去した結果、今はキレイに芝が生えています※種も追加)。
芝を刈る娘
因みに芝刈りは”気になったらやる”で実施しています。大体足で踏んだ跡が、芝がペチャッと寝てしまって目立つ頃に刈ります(2週間に1度が目安)。
  ↑
写真のように最初の頃は芝刈り機を使いたくて…面白がって刈っていたら芝の緑の部分が減り、生まれたての芽をガンガン踏み潰していたので生育が悪かったです(反省)

サッチを取り除く

刈った芝のカスや枯れた芝が地面に積もったものを”サッチ”と言います。芝の葉は分解されにくいので溜まりやすく、サッチが溜まると水や肥料が芝生にいかなくなります

サッチについては最初の年は”ない”と聞いていましたが(基本的には冬枯れの芝なので)、初夏の水やりをややサボったことが原因で芝が枯れ、現在元気な芝の隙間にはサッチがたくさんあります。

サッチの分解をサポートする肥料(錠剤)も買ってみましたが効き目がイマイチ、結局いまはサッチを取り除くに適した先端が丸い熊手を使って庭をガッシガッシと梳いています
  ↑
労力のいる作業ですが面白いようにサッチが取れます(芝生は一時期スカスカになりますが数日で気にならなくなります)


サッチがなくなると土壌の通気性と水はけが向上されるので、芝の生育環境が整います。サッチは水を溜めるため、6月や9月の長雨の前に除去した方が良いです(湿ったサッチは病原菌の住処になります)。

サッチは水を吸っているので直ぐにゴミ袋に入れた場合は袋の口を開けて湿気を抜いた方がゴミ捨てが楽です…が、すでに枯れているため腐敗臭の発生も早いです(嫌な臭いなので私は直ぐに袋の口を縛ります)。

芝とは気長なお付き合いがモットーなので作業時間を決めてサッチを取り除いています(なかなかサッチはゼロにはならないので終わりが見えない作業なのです)。

土に空気を入れる

サッチが溜まったり、踏まれて土が固くると芝生の生育が悪くなります。

サッチを取り除く方法は前項で説明しましたが、土を柔らかくするにはエアレーション用の器具を使います(経験から雑草を抜くのもエアレーションと同等の効果があると思っています。

エアレーションとは土に空気を入れることで、クシのように先端の尖った専用の器具でザクザクと地面に穴をあけていきます。


雪駄のように靴に付けるタイプの器具もありますが(義父が買ってくれました)…実は使い勝手が悪いです(物置きの肥やしと化しています)



固い部分と柔らかい部分があって歩きづらい(場合によっては転ぶ恐れあり)、柔らかい部分は刃が埋まって器具が脱げてしまうんです
  ↑
「エアレーションが楽になる」とは思えない

肥料をまく(施肥)

芝生の肥料には液体と固形(粒)があります。

【液体の肥料の特徴】
即効性があるが効果が持続しない

【固形の肥料の特徴】
効果が持続するが即効性がない

肥料(施肥)の頻度は肥料によりますが、私は2ヶ月に1回を目安に肥料を与えています。肥料をまいた後に2、3日雨が降る場合は固形肥料を使用しています(液体肥料は雨に流れやすいため)
  ↑
最近では夜もしくは次の日の朝に雨が降るというときに固形肥料をまいています(節水もできるし、肥料の効果も上がる気がするのです)。

肥料はHYPONeXから販売されている”芝生の肥料”を使っていますが、カニとか魚とか海系(?)から栄養を補給する考え方のためか、まいた後は海岸線のようなニオイがします(埼玉県なのに)



肥料をまく前にはサッチを取り除き、エアレーションをしています。この2つをサボるとあまり生育がよくありません

この半年間の経験からですが、「肥料をまいて簡単に済ませてはいけない」、ガシガシ、ザクザクと労力をかけることが大切だと実感しました。

半年前の庭はこちら(芝の種類選びの段階です)。詳しくは「」を読んでください。
南の庭

スポンサードリンク

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。