60分で完成!一人前土鍋で作るしめじの炊き込みご飯

最終更新日

Comments: 0

― 土鍋で炊き込みご飯を作るのは難しそう ―

そう思う人は多いようですが、とても簡単です。ダイソーで売っているミニ土鍋を使って、60分で完成するしめじの炊き込みご飯を紹介します。

ミニ土鍋を使うので米1合分ですが、一般的なご飯茶碗約2膳分完成します。「ちょっと炊き込みご飯を食べたい」というときに便利です。

スポンサードリンク

ダイソーのミニ土鍋で2膳分が完成

60分クッキングでも土鍋で柔らかくお米が炊けます

【しめじご飯の材料(レシピ制作:味の素㈱】

  • 米 1合(約150g)
  • 水 160ml
  • しめじ 1/2パック
  • にんじん 20g
  • 油揚げ 1/4枚
  • ほんだし(味の素) 小さじ1/2
  • しょうゆ 小さじ2
  • みりん 小さじ2
  • 酒 小さじ2
  • ミツバ 適量(なくてもOK)

※レシピ大百科(味の素パーク)のレシピなので、味の素のほんだしを使っています。

土鍋で炊くときは、洗ったあとザルにあげて水をきったお米を30分間ほど置いておくことが大切です。1時間くらいおいても良いです。こうやってお米に水を吸わせます。

お米に水を吸わせている間に、しめじを小房に分けて、ニンジンと油揚げを千切りにします。油揚げは切る前に熱湯をかけて油抜きをします。しめじは最近カットされて小房(1本ずつ)に分けられたものが売っています(便利です)。

土鍋に30分ほど水を吸わせたお米を入れ、水、ほんだし、しょうゆ、みりん、酒を入れてざっと混ぜます。その後、しめじ、にんじん、油揚げを入れて土鍋にふたをします。

土鍋を火にかけ最初は強火で、沸騰したら弱火にして15分間炊きます(ここから蒸らし終わるまで絶対に開けてはいけません!!)。15分炊いたら火を止めて、15分間蒸らします。蒸らし終わったら完成です(ふたを開けて大丈夫)。

土鍋の底に軽くおこげができます。しっかり混ぜてムラをなくし、茶碗によそったら彩りにミツバを添えます(なくてもOK)。米1合(約150g)で完成する炊き込みご飯は300~400gです。一般的な1膳は150gくらいなので、約2膳分の炊き込みご飯が完成します。

▽ほんだし(お得用600g)は楽天市場(楽天24)よりもAmazonの方が安い

炊き込みご飯を土鍋で作る理由

炊飯器を利用して炊き込みご飯を作る場合、余った炊き込みご飯を炊飯器に入れたままにすると内釜やパッキンを傷めてしまいます。Panasonicの炊飯器の説明書にもこの旨が、記載されています。

内釜などを傷めるのは調味料に含まれる塩分です。1回炊くくらいの時間ならば基本的に問題はないようですが、予約して炊いたり、炊き上がり後にしばらく保温したりすると炊飯器を傷めていまいます。

この塩分による炊飯器への害を考慮して、我が家では炊き込みご飯を炊飯器では作らず土鍋を使います。炊飯器では普通の白いご飯のみ炊いています(少量でも塩が入るおかゆも土鍋)。

また、炊き込みご飯は普通の白いご飯よりも腐りやすいので1回で食べきれる量を作ります。余った場合はできるだけ早く冷蔵庫か冷凍庫で保存します。

スポンサードリンク

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。