自然の中で暮らす、ナチュラルな家が人気

最終更新日

Comments: 0

「家を買おう」と思ったら「こんな家に住みたい」とイメージしますよね?もちろん私たちも”こんな家”のイメージを持って家づくりに挑んでいます。

色・デザイン・素材を決めるにつれて「住みたい家の雰囲気がぶれてはいけない」と痛感しましただって雰囲気を変えたくなったら全ての色・デザイン・素材をまた決め直しですから
  ↑
建築会社としては夫婦で事前に決めて置いて欲しいでしょう

我が家の場合は外観はシンプル(モダン、直線的なデザイン)、一方で中はペンションのようなナチュラルな感じにしようと決めていました(照明は落とし気味のバー風)。

元住宅雑誌編集者・大塚さんの記事「いつまでもカッコイイといえる家の条件」(All About住宅・不動産)

人気でこだわっている点を変更することはありませんが、人気のデザインについて調べました。suumo((株)リクルートホールディングス)が全国約1,000人の注文住宅カスタマー調査の結果になります。

広告

自然の中で暮らすイメージの家が一番人気

ナチュラルテイストの内装
ソーフィールドホーム高崎ショールーム(画像提供:ソーフィールドホーム)

suumoが2015年9月に「1年以内に注文住宅を建築した人」もしくは「2年以内に注文住宅建築を検討している人」に対して好きなデザインテイストについてインターネット調査を実施しました。

住みたい家のデザインは?
 第1位 … ナチュラルテイスト
 第2位 … シンプルモダン
 第3位 … カフェ風
 第4位 … 北欧風
 第5位 … 南欧風
 第6位 … 和モダン

  ↓

ナチュラルテイストで憧れるポイント
 ● 木のぬくもりを感じられる無垢材のフローリング
 ● 自然素材の壁
 ● 外がよく見えて風が入ってくる大きな窓
 ● 明るく健康的なイメージ

シンプルモダンで憧れるポイント
 ● モノトーンを基調にして、さし色を活かす内装
 ● デザインは直線的で無機質
 ● 生活感がなくクールでスタイリッシュなイメージ

カフェ風の家で憧れるポイント
 ● 落ち着きのある色使い
 ● カウンターキッチン
 ● 見せる収納
 ● お気に入りのものに包まれた生活のイメージ

ポイントを押さえたデザインでイメージ作り

ナチュラルテイストの家をつくるには床、壁、そして家具などに自然素材を使うことです。さらに光や風が入る開放感が大切です。

ナチュラルテイストの家をつくるPOINT
 ● 木の床材や家具を使う
 ● 壁は白(木の美しさを強調できる)
 ● 開口部を大きくして間仕切りを少なくする

ナチュラルテイストと真逆な雰囲気がシンプルモダンです。床や壁を白くして家具を黒くするなどモノトーンなつくり、さらに素材はナチュラルさがある木とは対称的に金属(アイアン)やガラスなど無機質なものを使います。柔らかさを排除した直線的なデザインを採用するとモダンなイメージになります。

シンプルモダンの家をつくるPOINT
 ● 隠す収納で見た目をスッキリさせ生活感を出さない
   (収納扉を壁と同一平面、同色にするなど)
 ● 木ではなく無機質な素材(金属、石、ガラス)を使う
 ● 立方体や直方体など直線的なデザイン
 ● 色の数を少なくする

カフェブームで人気に火が点きつつあるカフェ風の家で特長となるのがカウンターとアンティーク調の家具や雑貨です。ポイントは見せる収納であり、カウンターや棚などがキモになります。

カフェ風の家をつくるPOINT
 ● 黒板をインテリアに入れる(壁一面でも小さなものでも)
 ● キッチンはカウンターがついているものを選ぶ
 ● 家具はアンティーク品などヴィンテージ感のあるものを作る
 ● 雑貨や植物で空間に様々な色を入れる

冬が長い北欧は家の中で過ごす時間が長く、そのため内装のデザインは飽きの来ないもの、そして便利なものがそろっているのが北欧風の家です。全体的に明るい色がベースとなり、ナチュラルテイストと似ている点がありますが、色合いなどで区別できます。

北欧風の家をつくるPOINT

 ● 窓枠(サッシ)は木製もしくは木目調のものを選ぶ
 ● 布製品(ファブリック)はポップな柄で温かみのある色使い
 ● パステルな穏やかな色合いで統一する

テラコッタタイルや古材などを使ったスペイン、南フランスをイメージしたインテリアの家は落ち着いていて優しい雰囲気があります。カフェ風と同じくヴィンテージ感のあるものを使いますが、カフェ風よりも統一され落ち着いた雰囲気があります。

南欧風の家をつくるPOINT
 ● 半円を描くアールの下がり壁をつくる
 ● 落ち着いた雰囲気の古材を使う
 ● 白い壁で家具や古材を活かす
 ● 自然素材の雑貨を飾る

昔の日本の家のスタイルに近代的なデザインを融合させたデザインを和モダンと言います。昔からの日本の家として畳、障子、土間などを取り入れる人が多いようです。

和モダンの家をつくるPOINT
 ● 昔ながらの床に座る床座のスタイル
   (いまの生活に合わせて小あがりを作ることも)
 ● 焦げ茶や黒など伝統的な色使いをする
 ● 障子、格子でほどよい目隠しをする
 ● 靴のままあるける土間を作る

【更新履歴】
2016.8.27 写真差し替え
※画像については会社から許可をもらっています。
 (転載はご遠慮下さい)

スポンサードリンク

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。