Chromecastをテレビにつけてみた

最終更新日

Comments: 0

「AbemaTVがテレビで見れたらいいのに」

娘は一緒に見たがるし、スマホの小さな画面でずっと動画を見続けるのは眼が疲れる・・・そんな私たちの口から出た言葉です。意外と”できたらいいのに”は叶う時代です。

実際に今回の”できたらいいのに”はChromecast(Chromeキャスト、クロームキャスト)で解決できました。今回はChromeキャストについてまとめてみました。

広告


Chromecast(クロームキャスト)とは小型のメディアストリーミングデバイスです。Apple TVやAmazon Fire TVが類似品です。

ストリーミングデバイスとは、インターネット上でストリーミング配信されている動画などを受信してテレビなどのメディアに写すデバイス(端末)です。

「ストリーミング配信」とは最近当たり前のように使われているIT用語ですが、全部受信しないと表示・再生できないダウンロードとは違って受信した先から表示・再生させていく配信方法で、ダウンロードよりも短時間で利用できることから現在主流となりつつある配信方式です。

テレビにHDMI端子があり、無線インターネット接続(Wi-Fi)の環境が整っていればChromeキャストを使用できます。

HDMI端子は古いタイプにテレビにはないことも多いのでChromecastの購入にテレビの背面・側面などを確認し、HDMI端子があることを確認しましょう(”HDMI”と表示されています)。

Wi-Fiとはインターネットなどネットワーク接続に対応した機器を無線(ワイヤレス)でLANに接続する技術です。NTTなど通信会社から支給されたルーターと無線LAN親機(Wi-Fiルーター)をつなぐことで使えます(現在では支給されたルーターにWi-Fi機能が内蔵されていることが増えています)。Chromecastの設定時にWi-FiのSSIDおよびパスワードが必要になるので用意しておきましょう。

電源は付属のコードを使用してコンセントからとる、もしくは別売りのケーブルを使用してUSB端子からとる方法があります。我が家はコンセントからとることにしました。

コンセントの空きスペースない、省スペースにしたいと言う人にはUSB用のケーブルを使うことをおすすめします(TVにUSB端子があることを事前に確認)。



Chromeキャストのセットアップが完了したらAndroid端末、Windows搭載のパソコンにChromeキャストのアプリをダウンロードします。

テレビの信号入力をChromeキャストのささったHDMIに切り替えると、Chromeキャストと通信が動作確認を始めます。

動作確認が終了すると、画面の指示に従ってSSIDを選択しPWを入力します。

1つの端末やパソコンで複数のChromeキャストを管理できるので、Chromeキャストに名前をつけることをおすすめします(例:「リビング」)。

Chromeキャストを設定すれば、それ以後どのスマホでも設定せずに使用できます(使用する端末にChromeキャストのアプリのダウンロードは必要)。

Chromeキャスト対応アプリ
・YouTube
・GooglePlay
・NETFLIX
・Hulu
・dTV
・U-NEXT プレイヤー
・ビデオパス
・dアニメストア
・GYAO!
・楽天 SHOWTIME
・アニメ放題
・ビデオマーケット動画見放題

コンテンツは20万本以上あります。対応アプリ、コンテンツはクロームキャストのサイト(https://www.google.com/intl/ja_jp/chromecast/apps/)で確認することができます。

【了】

スポンサードリンク

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。