乳幼児の「くる病」が増加!過度な日焼け予防が骨を変形させてしまう

最終更新日

Comments: 0

日光に適度にあたることは子どもの健康を維持するのためにとても大切

夏休みが終わると娘の通う幼稚園では運動会の練習が始まります。熱中症予防のために水筒を準備し、安全に練習するために髪ゴムをシンプルにし動きやすい洋服の選択に悩む日々です。

そんな今日この頃、幼稚園に娘を送っていくと園内でママたちが子どもに日焼け止めを塗るシーンをよく見るようになりました。確かに過度な日焼けは危険ですが「家で塗ってくればいいのでは?」と思わずにはいられません。

この忌み嫌われる日焼け、紫外線ですが、実は適度に紫外線を浴びることはとても大切です。特に急速に骨が伸びる乳幼児にはとても大切で、適度に紫外線を浴びることで「くる病」を防ぐことができます。

スポンサードリンク

くる病とは子ども特有の骨が軟らかくなる病気

「くる病」とは子どもの骨だけに発生する骨軟化症の1つで、子どもの骨だけにある骨の端の『成長軟骨板』がギザギザになったり横に広がったりして骨が真っ直ぐ伸びなくなる(変形する)病気です。

最もよくみられる変形はO脚です。もともと乳幼児期はO脚傾向にありますが、くる病の子どもはより強くO脚になります。他には背骨が弯曲してしまうことがあります。

硬い骨を作るにはカルシウムとリンが必要

「牛乳を飲めば背が伸びる」という言葉から”骨はカルシウムで出来ている”とイメージしていましたが実際はカルシウムとリンで出来ていて、骨の中でカルシウムとリンが結合して『ハイドロキシアパタイト』ができると硬くて丈夫な骨になります。

骨軟化症の原因の1つはハイドロキシアパタイトの不足、つまりは原料となるリンの不足(低リン血症)です。

カルシウムも骨の原料ですが、カルシウムが足りないだけではくる病になることはまずありません。血中のカルシウム濃度が低下すると痙攣などの他の異常が起きるからです。

くる病の原因は血液中のリン不足(低リン血症)

くる病は主に2つの低リン血症が原因で起こります。血液中のリンの量を調整するのは腎臓の担当です。

  • ビタミンD欠乏等のビタミンDの働きが足りないためにリンが不足するくる病
  • 腎臓からリンが大量に漏れてリンが不足するくる病(家族性低リン血症性くる病)

ビタミンDは食品中のリンの吸収をサポートする

リンは食品から摂取できます。日本人成人では1日1gのリンを摂取しているというデータもあります。でも吸収されなければリンをどれだけ摂取しても意味がありません。

食品から摂取したリンを吸収するのに必要なのがビタミンDです。ビタミンDは腸からのカルシウムとリンの吸収に必要なビタミンです。吸収されたカルシウムとリンは血中に溶けていきますが、ビタミンDが不足すると血液が低カルシウム・ 低リン血症という状態になってしまいます。

ビタミンDは次の方法で増えます。

  • 食品から摂取する
  • 皮膚に日光が照射されて体内(皮膚)で生成され、これが肝臓と腎臓で活性化されて働く

食料が豊富な日本でくる病が再び増加している理由

日本国内でくる病が流行したのは1970年より前、栄養状態が悪かった時代です(特に冬に多発)。1970年代以降になると栄養状態が良くなりくる病は珍しくなりました。しかし、1990年以降から現代にわたりまた流行りだしたのには次のような原因があります。

  • アレルギー疾患の増加に伴いビタミンDを豊富に含む卵の摂取を控える傾向が高まる
  • ビタミンDを豊富に含む魚をあまり食べなくなるようになる(魚離れの増加)
  • 日光照射によるシミ・そばかすなどの皮膚障害を過度に忌避する傾向が高まる

肝油ドロップは手軽にビタミンDを補給できる

ビタミンDを補給するには、 サメ、タラ、エイなどの肝臓に含まれる液体や抽出した脂肪分を主原料とする肝油ドロップが有効です。

【参考資料】くる病(骨系統疾患コミュニティサイトclub-bone.jp|岡山済生会総合病院小児科医監修)

スポンサードリンク

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。