今さら聞けない光化学スモッグを注意しなければいけない理由

最終更新日

Comments: 0

住んでいる埼玉県(の一部)で光化学スモッグが発生しました。

埼玉県に越してきて結構驚いたこと。生まれ育った伊豆では発生した覚えのない【光化学スモッグ注意報】が頻繁に発令されることです(年に数回程度ですが)。

光化学スモッグ注意報の発令原因については環境汚染が進んだから?しかし、埼玉県出身の夫には馴染みがあるようなので、地域的な理由もあると最近は思っています。

スポンサードリンク

光化学スモッグとは?

光化学スモッグ(こうかがくスモッグ)とは、オゾンやアルデヒドなどからなる気体成分の光化学オキシダントと、硝酸塩や硫酸塩などからなる固体成分の微粒子が混合して、周囲の見通し(視程)が低下した状態をいう。光化学オキシダントを主成分とするスモッグ。健康に影響を及ぼすことがある大気汚染の一種。

光化学スモッグ(Wikipedia)

自動車や工場などから排出される窒素酸化物(NOx)と炭化水素が太陽の強い紫外線を受けることで【二次的汚染物質】に変化し、風が吹かないなどの気象要因で拡散されずに滞留してしまったことで視界が悪くなる大気汚染(現象)の1つということです。

光化学スモッグの発生条件(目安)

  • 陽射しが強い
  • 気温が高い
  • 風が吹いていない(弱い)

光化学スモッグは4月~10月にかけて発生しやすいです(特に太平洋高気圧に覆われる7月~8月が発生しやすい)。

陽射しの強い日中、およそ10時~17時が発生しやすい時間帯です(雨の日は発生しない)。25℃以上の気温のときに発生しやすく、【夏のような日】【真夏日】【猛暑日】には注意が必要です。

光化学スモッグ発生と感じたら保健所に連絡

【光化学スモッグ発生の可能性】は視認できます。空気中を漂う微粒子に太陽の光が反射してチカチカ光るからです。

光化学スモッグは人体や農作物に悪影響を与えます。(光化学スモッグによる可能性が高い)異変を感じた場合、速やかに最寄りの保健所に連絡することで被害の拡大を防ぐことができます。

光化学スモッグによる目やのどの痛み

  • 目への刺激(目がチカチカする、涙がでる)
  • 喉への刺激(喉が痛い)

上記のような健康被害があるので、光化学スモッグ発生中は屋外での活動をやめる、不要不急の外出を避ける必要があります。市販のマスクでは有害なガス成分を全て防ぐことはできません。

また、気管支炎の既往歴のある人、乳幼児、高齢者は健康な成人よりも影響を強く受ける可能性があります。

眼やのどの痛みを感じたら水道水で洗う

目やのどに痛みを感じた場合、水道水でうがいと洗眼をすると症状が改善します。

30分経っても症状が改善されない場合は病院に行く

処置後20~30分経っても症状が改善しない場合や症状が悪化した場合(息苦しい・胸が苦しいなど)は医療機関の受診がオススメです。

スポンサードリンク

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。