飼い犬の登録と予防接種は飼い主の義務!

最終更新日

Comments: 0

市民公園や高速道路のサービスエリアなどにはドッグランのあるところがいくつかあります。

私は子どものときに人懐こい犬にじゃれつかれた経験が原因で犬が苦手です。そのためドッグランは犬を飼わない人にとっても必要な施設だと思っています。

犬嫌いは噛まれたら痛いと思うからで、「犬に噛まれたら狂犬病にかかる」とまで思ってはいません。ただ高齢の人の中には狂犬病を恐れる人もいます。

日本国内で1957年以降の狂犬病発症事例はありませんが、狂犬病は発症すると100%死に至る怖い病気です。高齢の方には狂犬病で亡くなった人のことを見聞きし、恐れる人がいることは致し方ありません
 ↑
恐怖心に理屈はない(予防接種で100%安心という保証があったとしても)

狂犬病の予防接種(年1回)は犬を飼う人の義務と法律で定められています。市町村は年に1回、管轄エリアで登録されている犬の飼い主に予防接種の案内をしています。

犬の飼い主には飼い犬の登録(犬の生涯に一度)と毎年1回の予防接種を行うことが法律で決められています。

飼い犬の登録は飼い始めた日から30日以内に市町村の役場に申請しなければいけません。生後90日以内の犬の場合の届出期限は90日を経過した日から30日以内です。

届出に必要な費用(登録手数料)は1頭あたり3千円が平均的です。登録すると鑑札が発行されます。別の市町村に転居する場合は新居のある市町村の担当窓口に鑑札を提出し、新しい鑑札を受けとります(一般的に旧鑑札の提出がない場合は新鑑札の発行は有料。再発行手数料は約2千円)。

犬の鑑札は狂犬病予防注射済票(動物病院等で狂犬病予防注射を受けた場合に獣医師が発行。1頭500~600円)と一緒に首輪などに必ず装着します。

平昌オリンピックの女子フィギュアスケート金メダルのザギトワ選手に秋田犬が贈られることになり、秋田犬の人気が高まっています。

ザギトワ選手 贈呈の秋田犬「マサル」と命名(毎日新聞 ’18年3月4日)

嫌な表現をすると犬はお金を出せば買えますが、登録や予防接種、万が一誰かを噛んでしまった場合等に備えての保険、糞の持ち帰り等の散歩のマナーなど、飼い主には色々なことを求められることは忘れないようにしましょう。

犬のフン対策については「犬のフンの放置対策のカルーナを移植したので」を読んで下さい。

広告

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。