神話の樹シマトネリコを上手に育てる方法

最終更新日

Comments: 0

『シマトネリコです。ご自由にお持ちください』

或るレストランの入口に置かれていた枝を持ち帰って育ててみましたが…残念ながら枯れてしまいました。

シマトネリコを枝から育てるのは大変だと言われていますが、その通りだと実感しました。今回はシマトネリコについてまとめました。


広告


シマトネリコなど”トネリコ属”は虫に強く、インテリアにも合わせやすいため人気の高い樹木です。北欧神話の世界樹『ユグドラシル』はセイヨウトネリコだと言われています。

トネリコ属の樹木
・北半球に分布するモクセイ科の樹
・サイズは中型~大型
一部を除きほぼ落葉樹
 ↑
沖縄で自生するシマトネリコはこの一部(常緑高木)

シマトネリコは基本的には沖縄以南の亜熱帯地方で自生しますが、最近では関東以南で自生させていることも多いです(シンボルツリーとして)。

シマトネリコは半日陰を好みます。日照不足だと葉の色がくすみやがて枯れます。一方で強い直射日光を浴びると葉焼けしてしまいます。また寒さにはやや弱く、霜にあたったり寒波に襲われると落葉して枯れることがあります。
 ↑
購入時は艶のある濃い緑色の葉をしたシマトネリコを選びましょう。

シマトネリコは5月下旬~7月上旬に白くて小さな花を咲かせますが、雌雄別株(雄と雌が別々の樹木)なので雄の木は花を咲かせません。花を咲かせたいという人は購入時に店員さんに相談し、できるだけ雌の木を選びましょう。

【シマトネリコの花言葉】
・偉大
・服従
・思慮分別
・高潔
・荘厳


シマトネリコは関東以南で育つと言われていますが、寒さには弱いので気温が5℃以上の環境が望ましいです。

地植えする場合は4~5月の、気温が20℃以上になった頃が良いです(発芽温度も約20℃なので種から育てる場合もこの頃がよい)。

【鉢植えの場合】
やや大きめの鉢を用意し、鉢底石と用土を入れて苗を植え付けます。シマトネリコは生育が早いので、根詰まりを防ぐために2~3年に1回を目安に植え替えます。

あまり大きくしたくない場合は株をほぐして剪定し、根を切ってひと回り小さくします。根詰まりは防ぐようにしましょう。

【地植えの場合】
苗を植え付ける場所に苗よりも一回り大きな穴を掘り、掘り出した土を縁にもって水をはります(水鉢)。

苗の株元に水をたっぷりかけて水鉢に入れ、土を穴の半分くらいまで戻して『水ぎめ』をします(苗を大きく揺らして空気を抜く)。水鉢が乾いたら残りの土を被せ、足で踏み固めます。

【用土と肥料について】
シマトネリコの植え付けは赤玉土(小粒)7:腐葉土3の割合の土が良いです。遅効性の有機肥料と苦土石灰を混ぜて約2ヶ月寝かせておくのが理想的です。

地植えの場合は追肥は不要ですが、鉢植えのの場合は毎年3月頃に根元に遅効性の有機肥料をおくと良いです。

【水やりと剪定に関して】
水は土が乾燥したらたっぷりと与えます。但し冬場は土が白く乾いてから数日後に水を与えます。植え付けや植え替え後の約2週間は土が乾かないように要注意です。

地植えの場合、植え付けから2年以上経過している場合は水やりは不要です。

シマトネリコは病害虫に強い樹木ですがハダニやイモムシがつくことがあります。ハダニは定期的な葉水で防ぐことができます。

シマトネリコは生長が早いので定期的に、真夏(8月)と真冬(1月)をさけて剪定します。剪定は先端の3本に分かれた茎のうち中央の茎を切ります(植木ばさみを使用)。

スポンサードリンク

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。