夏バテを防げる『暑熱馴化』のポイントは上手に水を選んで水分補給をすること

最終更新日

Comments: 0

ヒトの体は汗をかくことで体温調整していますが、涼しい季節で鈍った汗腺システム(発汗機能)では突然の暑さに対処できず夏バテを起こしてしまいます。

夏バテしない体を作るには、暑くなる前から暑さに慣らして汗腺システムを活性させておく必要があります。

スポンサードリンク

夏バテ対策(暑熱馴化)は夏になる前に始まる

夏バテしない体を作るには【徐々に体を暑さ慣れさせておくことが大切】です。この暑さに慣れさせる取り組みを『暑熱馴化』と言います。

暑熱馴化では汗腺システムの活性化が大切

ヒトは汗をかいて体温を調節しているので、暑熱馴化では暑くなったらしっかり汗をかけるように汗腺システムを活性化させるようにしています。暑くなる前に汗腺システムを整えておくことで、”暑くなったら汗をかいて体温を下げる”という機能が正常に働くようになります。

次のように少し汗ばむ程度の状況を作り、1週間程生活すると汗腺システムは活性化します。

  • 38~40℃の湯船につかる
  • 就寝時のエアコン使用を極力避ける
  • 5~10分間のウォーキングをする

近年季節に関わらず気温が乱高下し、十分な睡眠がとれていないと体調を崩す恐れがあるので2番目の項目は削除しました。

1日に飲む水の量は1.5リットルが理想

暑熱馴化では上手に水分補給することが大切です。水分補給するタイミングは【喉の渇きを自覚する前】です。就寝前後は特に水分補給することが大切です。

1日に摂取する水の量は1.5リットル以上が理想で、一度に大量摂取するのではなく10~200mlの範囲で数回に分けてとるとよいです。ペットボトルを常に携帯するクセをつけておくと安心です。

食事のときはスープやサラダ、フルーツなどを積極的にとります。特に、糖質ダイエットをしている人は水分不足になりやすいので特に水を多く飲むように心がけます。

水分といっても利尿作用のあるコーヒー、お茶系、アルコール飲料は体の水分を奪ってしまうのでこれらで喉の渇きは改善されても体に水分は補給されていません。

補給したいのは汗の成分に近い水分

水分補給で補給したいのは【人の汗の成分に水分】です。スポーツドリンクと水の併用が理想的です(スポーツドリンクのみでは糖分が多過ぎる)。

汗にはナトリウムイオンなど様々なイオン(成分)が混じっていますが、水には混じっていません。そのため、ただの水を補給しても体内のイオン成分が薄くなってしまいます。

健康と美容のために水を選ぶ

水にもクセがなくて飲みやすい『軟水』と、軟水に比べてカルシウムやマグネシウムが豊富な『硬水』の他にもいろいろな種類があります。用途に合わせて”水”を選ぶことは健康と美容に効果があります。

バナジウム水には血糖値を下げる効果が期待

必須ミネラルである『バナジウム』には【血糖値を下げる効果】が期待されています。バナジウムには糖尿病患者が服用している薬に含まれるインスリンに似た効果があるとされています。

血糖値を下げる効果の根拠は立教大学原子力研究所や山梨県環境科学研究所などの研究で、1988年に「富士山の湧水を飲んでいる住民は他の地域の人々よりも血糖値が低い」と発表されました。この発表からバナジウム水には糖尿病や生活習慣病の予防、脂肪のつきやすい体の改善といった効果が期待され始めました。

バナジウムの理想的な摂取量は1日に1.8mg程度です。大量の接種は腎臓への負担が危惧されるので注意が必要です。普通の人ならば全く問題にならない程度の負担ですが、すでに糖尿病の治療薬を服用している人や腎機能が未熟な乳幼児が大量に飲むと不調になる可能性があります(糖尿病の治療薬を服用している人は低血糖、乳幼児の場合は嘔吐や下痢)。

アサヒ飲料 おいしい水 富士山のバナジウム天然水 600ml×24本

アルカリイオン水は体によく水分が吸収される

ヒトの体と同じpH8.5程度の弱アルカリ性の水は体との相性がよく水分の吸収率が高いです。

また、ヒトの体は酸性に傾きがちなので、アルカリイオン水でアルカリ性に戻すと新陳代謝が上がり体調を回復させる効果が期待されています。美肌効果も同様に期待されています。

アルカリイオンの水 ペット 2L×6本

水素水はアンチエイジングが期待されている

水素水の中にある高濃度の水素が活性酸素と結合して体の酸化を防ぐため、アンチエイジング効果が期待されています。活性酸素はヒトの細胞を老化させるもの、酸化は老化と同じ意味です。

サルフェート水にはデトックス効果がある

サルフェート(硫酸塩)はミネラルの一種で高い利尿作用とデトックス効果があり、ダイエットに期待できます。温泉水もサルフェート水の1つの種類です。

海洋深層水のミネラルバランスはヒトの体に近い

環境汚染が少ないところにある海洋深層水にはミネラルが多く、このミネラルバランスは人間の体に近いです。特に、マグネシウム成分が多いので便秘解消の効果が高いです。

シリカ水のシリカはコラーゲンを作るのに必要な成分

ミネラルの1種であるシリカは体内でコラーゲンを生成するときに必要な成分。肌のツヤやハリを回復させる美容面の他に、シリカはツメや髪や骨の原料でもあるため健康面でも期待が高い。

スポンサードリンク

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。