古代インドの伝統医学・アーユルヴェーダの冷え症対策

最終更新日

Comments: 0

『アーユルヴェーダ』を知っていますか?

アーユルヴェーダは古代インドで生まれた伝統的な医術(医学)で、世界三大伝統医学の1つです。世界三大医学、 ユナニ医学・中国医学・アーユルヴェーダの3つは相互に影響し合って発展してきました。

アーユルヴェーダの根本的の理念は”3つの要素「ヴァータ」「ピッタ」「カパ」のバランスが崩れると病気や不調になりやすい”という考えです。

人にはそれぞれ乱れやすいドーシャというのがあります。今回は冷え症に焦点を当て、乱れやすいドーシャを調べて、そのドーシャを整えることで冷え症を改善を試みます。本記事はリンネル(2016年12月号)の特集を参考にしました。

スポンサードリンク

アーユルヴェーダの基本

アーユルヴェーダには、「ヴァータ」「ピッタ」「カパ」の3つのドーシャ(エネルギーや病気の素を意味する)があります。この3つがバランスをとって健康状態を保っています。

「ヴァータ」は肉体の運動、感覚(刺激)、神経の伝達、呼吸を司ります。「ピッタ」は体内の化学変化(消化・吸収・代謝)を司ります。「カパ」は肉体の構造や体力の維持を司ります。「カパ」は「カファ」と発音されることもあります。

3つのドーシャのバランスがベストな状態を「プラクリティ」といい、プラクリティの状態は人それぞれです。乱れやすいドーシャも人それぞれなので、「プラクリティになるためにすること」は人によって異なります(乱れやすいドーシャは環境やライフスタイルでも変わることがあります)。

乱れやすいドーシャのセルフチェック

当てはまる項目をチェックして、ヴァータ、ピッタ、カパがそれぞれ何個当てはまっているか確認します。

ヴァータピッタカパ(カファ)
□食欲が不安定
□緊張しやすい
□寝つきが悪い
□便がかたい
□肌が乾燥しがち
□甘い物が食べたい
□音に敏感
□手足が冷える
□のぼせやすい
□やる気・意欲がない
□満足感・達成感がない
□食欲がない
□言われたことを引きずる
□最近ショックなことがあった
□ずっと不満な状態
□体全体が冷えている
□目が弱い
□胃腸が弱い
□むくみやすい
□体が重い
□内向的
□自己評価が低い
□運動が苦手
□甘いものが好き
□最近体重が増えた
□物が捨てられない
□腰痛持ち
合計   個合計   個 合計   個

私のセルフチェックの結果、ヴァータが一番多かったです。私の乱れやすいドーシャはヴァータだということが分かりました(環境やライフスタイルで乱れやすいドーシャは変わります)。

乱れやすいドーシャ別の冷え症対策

ヴァータが乱れやすいピッタが乱れやすいカパが乱れやすい
・靴下で足を温める
・軽い運動をする
・養命酒を飲む
・23時までに寝る
・ビタミンEを摂取
・静かな環境で過ごす
・オイルマッサージをする
・体全体を温める
・消化の良い食事
・体温以上の飲み物
・植物性オイルで料理
・常温以上の料理
・温かいスープ
・夕食は少な目
・体を温める食材
・起床後に軽く運動

ヴァータが乱れやすい人へのアドバイス

冷えとり対策の基本は「頭寒足熱」です(=上半身を温めず、下半身を重点的に温める)。レッグウォーマー、冷え取り靴下、湯たんぽを上手に活用して体を温めましょう。

参考:トイトイトイクリニック・野田医師監修「夜寝るときには靴下は履かないほうがいい?」(Rhythm)

薬用養命酒は第2類医薬品で滋養強壮剤として様々な症状を改善します。冷え症対策にも有効で、養命酒に含まれる14種類の生薬の薬効成分が血行とともに体内を巡り、代謝機能を整えて冷えを改善してくれます。


参考:「薬用養命酒」(養命酒製造株式会社公式サイト)  

ピッタが乱れやすい人へのアドバイス

胃腸に負担をかけないように消化に良い食事(お粥など)をしましょう。生姜を加えると体を温める効果が増します。疲れているときは無理せずレトルトやドライフーズのお粥で温まりましょう。

体温以上のホットドリンクとして、白湯を起きてまず飲むのをおすすめします。

良質な植物性オイルとして、オリーブオイル(動脈硬化予防、便秘予防など)、エゴマ油(脂肪の分解サポート、美肌効果など)、亜麻仁油(動脈硬化予防、アレルギー症状の緩和など)がおすすめです。

参考:栄養士・横川仁美さん監修「美容と健康の秘訣は「油」にあり 栄養士が教える良質な油BEST5」(T-SITE)

カパ(カファ)が乱れやすい人へのアドバイス

カパが乱れがちな人の冷え症対策は朝にやるのが良いようです。朝起きたら軽く汗ばむ程度の運動をし、葉野菜を使った温かいスープを飲んで体を温めると良いです。

基本的に体を温める食材を使い、体を冷やしやすい食材は避けます。体を冷やしやすい食材とは、小麦、砂糖、乳製品、油、牛、豚、刺身、ネバネバしたものです。  

スポンサードリンク

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。