洗濯表示が41種類に急増!家庭の洗濯方法に合わせて変化

2016年12月1日から衣類の洗濯表示が新しくなります。

2016年12月1日以降に作られた衣類から新表示に対応していくので、しばらく新旧が入り乱れることになります。

スポンサードリンク

新しい洗濯表示の主な変更点

ダウンジャケットについている新しい洗濯表示

新しい洗濯表示(以後、「新表示」)は7つの基本記号で構成されています。旧表示は洗い方として推奨する方法を表示していましたが、新表示は取扱方の上限を示しています。表示よりも高い温度や強い力で洗うと衣類を傷める可能性があります。

【新しい洗濯表示の基本記号(タグには左から表示)】

  • 洗い方
  • 漂白
  • 乾燥(タンブル)
  • 乾燥(干し方)
  • アイロン
  • 商業用クリーニング処理(ドライ)
  • 商業用クリーニング処理(ウェットクリーニング)

7つの基本記号のうち、「洗い方」と「漂白」の表示は必須ですが、他の5つは省略可能と定められています。次に商用クリーニング処理の2記号を除く、5記号について詳しく説明します。

「洗い方」の記号の意味

旧表示では「洗濯機洗い」は長方形で表示、「手洗い」は洗濯桶で表示していましたが、新表示ではどちらも洗濯桶のマークで統一されました。洗濯桶に×がついている場合は家庭での洗濯は禁止です。

洗濯桶内に書かれた数字は洗濯液の上限温度です。風呂の残り湯を使う場合は60または40と書かれているものを選びましょう。30と書かれている場合は少し冷ましてから使うようにしましょう。海外製の洗濯機には機内で洗濯液を温める機能がついているものもあります。

水流の強さは、洗濯桶の下の横棒で表現します。横棒が多いほど力の加減を弱くします。

「漂白」の記号の意味

旧表示では三角フラスコの形をしていて「塩素系漂白剤が使える」のみ示していましたが、新表示では三角形になり「塩素系漂白剤・酸素系漂白剤のどちらも使える」「酸素系漂白剤のみ使える」「漂白剤は使えない」の3パターンを示します。

三角形の中に斜線が引かれていたら「酸素系漂白剤のみ使える」、斜線がなかったら「塩素系漂白剤・酸素系漂白剤のどちらも使える」 、三角形の上に×がついていたら「漂白剤は使えない」となります。

「乾燥(タンブル)」の記号の意味

タンブル乾燥(タンブラー乾燥)とはコインランドリーの乾燥機のように、熱と共に回転させながら乾燥させる乾燥機です。旧表示では乾燥機に関するものはありませんでしたが、新表示でタンブル乾燥が新設されたことで家庭での乾燥の目安が分かりやすくなりました。

記号の中に書かれた黒い点は設定温度です。1つの場合は「乾燥温度は低めに設定(排気温度上限60℃)」、2つの場合は「乾燥温度は高めに設定可能(排気温度上限80℃)」となります。

「乾燥(自然乾燥)」の記号の意味

旧表示ではシャツの形でしたが、新表示では四角形に変わりました。四角形の中にタテの線を入れることで吊り干し、ヨコの線を入れることで平干しを示します。左上に斜線がある場合は陰干しを示しています。

また、新表示では濡れ干しも指示も出来ました。濡れ干しの場合、線の数が2本になります。旧表示では絞り方の表示がありましたが、新表示ではなくなりました。

  • 吊り干し…物干しざおなどにかけて干す
  • 平干し…平らな場所に広げて干す
  • 濡れ干し…洗濯機による脱水や、手でねじって絞らないで干す
  • 陰干し…直射日光を避けて干す(日焼けや色あせが心配)

「アイロン」の記号の意味

アイロンは旧表示と同じようにアイロンの形をしたマークですが、アイロンの設定温度を旧表示では「高」「中」「低」と書いていたのに対し、新表示ではタンブル乾燥と同様に黒い点で表示するようになりました。

1つの場合は「底面温度110℃(低)を限度でスチームなし」、2つの場合は「底面温度150℃(中)を限度とする」、3つの場合は「底面温度200℃(高)を限度とする」を示しています。

記号だけでは伝えられない細かい情報は?

「洗濯をネット使用する」「中性洗剤を使用する」「アイロンのときにあて布を使用する」など、基本記号では伝えられないことは記号近くに別途記載されます。

洗濯表示が変更になった理由

以前の洗濯表示(取り扱い表示)
  • 洗濯機の進歩
  • 国内外で洗濯表示を統一する
  • 出荷国に合わせて表示を変更する必要が無くなり、生産工程を減らせて生産性を上げられる

今回の改訂では洗濯表示(取り扱い表示)は41種類です。旧表示は22種類でした。規則等では新表示のことは「新JIS」と言われています。

昭和37年に施行された『家庭用品品質表示法』には、私たちが普段日常で使う家庭製品にはその品質を表示するように定められています。衣類等の繊維製品の洗濯表示(取り扱い表示)は平成9年に定められています。

国内外で統一された洗濯表示

今回の改訂で洗濯表示は国内外統一されました。そのため文字や言葉を使わずに図柄のみの表示になっています。

約70年間で大きく進歩してきた洗濯機

洗濯機は戦後の日本、1950年代後半の『三種の神器』のひとつで、それから約70年間で一槽式から二槽式へ、二槽式から全自動へ、そして今では乾燥まで一気にやってくれるほどまで進歩してきました。

一槽式洗濯機(1950年代~1960年代)

1960年代までの主流です。洗いからすすぎまで可能でした。

二槽式洗濯機(1970年代~1980年代前半)

1970年代から1980年代前半までの主流です。洗いからすすぎまでの槽と脱水の槽の2つに分かれていました。二槽同時稼働が可能なので、現在も業務用として根強いニーズがあります。また、安価なため新興国で現在主流となっているタイプです。

全自動洗濯機(1980年代後半~現在)

1980年代後半から現代までの主流です。洗いから脱水まで1つの槽でできます。全自動洗濯機については1960年代から開発されていましたが、この頃のは水の使用量が多いため普及が遅れました。

乾燥機付き全自動洗濯機(2000年代前半~現在)

2000年代前半から需要が伸びている洗濯機です。洗いから乾燥までが1つの槽でできます。但し、乾燥できる量や乾燥むら等の改善点がまだ多い。

スポンサードリンク

takka

シェアする

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください