飼い犬の登録と狂犬病ワクチンの予防接種は犬を飼うときの義務

動物を飼うときには一定のルールがあり、犬の場合は狂犬病を予防するためにワクチン接種が義務です。狂犬病は発症すると100%死に至る怖い病気であり、狂犬病の恐ろしいから犬を怖がる人も少なくありません。狂犬病を防ぐために犬の情報は自治体が管理しており、私たちは犬を飼うときは必ず自治体に登録(申請)しなければいけません。