Category: 安全

LINE、通話を報せる音が鳴らないときの改善方法

LINE通話がデフォルト世代には「着信音って通知音のこと?」と思うでしょうが、トーク画面にメッセージが届いたときに報せる音は『通知音』、音声やビデオによる通話がきてることを報せる音が『着信音』という風に電話デフォルト世代はふんわりと区別しているようです。今回は音声通話を報せる音が鳴らない場合の改善方法をまとめました。

コンクリートの上でよく見る『小さな赤い虫』の正体は?

春から初夏の間、庭や公園などで小さな赤い虫をみませんか?アリよりも小さな虫ですが真っ赤な色が目立つのか、意外と「あ、あの虫」と知っている人が多いこの虫は「タカラダニ」といいます。花粉やコケを食べて生き、ヒトを咬んだり刺したりすることはないようです。今回はタカラダニについてまとめました。

夏、プール遊びを楽しむために気をつけるポイント

水泳の授業や水遊びなど、水の中での行動は普段以上に体力を消耗するため些細な体調の不調が水の事故につながる恐れがあります。そのため園や学校でプールに入るときは事前に尿検査を実施するほか、毎日の健康チェックなどの安全対策が重要となっています。今回は健康チェックのポイントとプールで感染しやすい感染症についてまとめました。

マイナンバーカード、流行らない対策に目を引くものは無し

衆院内閣委員会で菅首相がマイナンバーカードのコスパの悪さを認めました。マイナンバー制度に関する関係法成立からの約9年間で国費支出の累計は約8800億円、日本の国民1人あたり7,000円払って導入した制度です。しかし最大25%還元をアピールしたマイナポイントの効果もあまり見られずと普及率は依然20%台です。

住宅用火災警報器の設置は義務である

いま全ての一般住宅には火災警報器を設置する義務があります。設置するのは就寝時の火災を警戒しているため全ての寝室、そして寝室が2階の場合は避難経路となる階段が原則となっています。火災警報器はホームセンター等で1個2000円前後で販売していますが、義務化を理由に法外な値段で警報器を設置する悪徳商法も増えているので要注意!

小学校一年生の交通事故は6月が最も多い!

小学生になると自分で歩いて学校の行き来をします。歩くことで体力をつけること、他の子どもとかかわって社交性を身につけること、登下校は子どもにとって大切な教育です。しかし事故が心配。歩行中の小学校の交通事故は下校時間帯に起きやすいというデータがあります。通学路を下見するときは『下校』を視野に危険個所を洗い出しましょう。

新型コロナウイルス、『濃厚接触者』の正しい行動は?

新型コロナウイルスの濃厚接触者となった場合、PCR検査を受けて結果が出るまで感染拡大しないように努め、陰性という結果でも今後14日間の健康観察が重要となります。PCR検査はいま検体採取が自宅でできます(唾液採取)。PCR検査と自宅で唾液を採取するときの注意点をまとめました。