ニュース

広告
ニュース

昔、花見といえば『梅』だったらしい

梅の花見に行ってきました。「花見」といえば桜が一般的ですが、奈良時代の花見は梅の花を観賞したといわれています。「なぜ桜よりも梅が人気だったのか」を中心に梅についてまとめました。
ニュース

『節分』で家中に豆をまく理由・由来は?

2月3日は節分です。コロナ禍で幼稚園や保育園の休園、学級閉鎖や休校が相次ぐ事態。自宅でヒマをしている子どものためにも、疫病予防の効果もあるという豆まきを自宅でやってみませんか?豆まきは日本で古くから親しまれてきた伝統的な風習で、煎った大豆をまくことにも意味があります。
ニュース

年賀状は必要?今どき出す人は2人に1人

年賀状の販売数は年々減っていて、最近ではSNSなど手軽な手段で新年の挨拶をする人も増えているようです。年賀状が必要かどうかは各人で決めることですが、私論ですが、年賀状には近年薄くなりがちな人との縁をつなぐ役割があると思っています。難しく考えず年賀状プリントで、手書きで一筆添えて、今年は新年を言祝いでみませんか?
ニュース

ゆず湯にかぼちゃ、日本の『冬至』とは?

一年で最も日が短い冬至は、これから厳しい寒さを迎えるにあたり「ゆず湯に入って体を温める」なといった風邪予防など健康に関する風習があります。新型コロナウイルスの新たな変異株の登場など、今年の冬もコロナを始めとしたいろいろな感染症に注意しなければいけません。改めて冬至の風習と冬の感染症(風邪)対策をまとめました。
ニュース

七五三とは?いつやるの、何やるの、いくらかかるの?

七歳、五歳、三歳の子どもが対象となる七五三。以前は子どもの健康を祈願する神事でしたが、時代が変わって現代は「着飾った子どもを写真に撮っておしまい」というイベントのやりかたの保護者も増えています。今回は七五三の基礎についてと、想い出となる写真撮影にはいくらほどかかるのかをまとめました。
ニュース

中秋の名月、月と文化の関係は面白い

日本人にとって夜空に月が浮かぶ風景は「美しいもの」であり、空気が乾いて空が清んでいる秋は一年で一番月がきれいに見える季節です。そんな秋の真ん中にあるのが十五夜の月見で、実は月見は中国にならった風習ですが、日本独自の月見の風習「二夜の月」があります。一年に二回の月見、十五夜ともうひとつ、今年は二夜の月見をしませんか?
ニュース

イースター(復活祭)はどんな行事なのか?

日本ではまだあまり馴染みのないイースターですが、キリスト教徒の多いヨーロッパの人たちにとってイースターはクリスマスと並ぶ重要なイベントです。ヨーロッパではイースターの時期は公式の休日(イースター前の金曜日とイースター後の月曜日)の前後に休日を作って2週間ほど休みを取り、旅行や家族の集まりを楽しむ習慣があります。
ニュース

2021年は2月2日?節分が一日早い理由

2021年の節分は2月2日(火)です。太陽と地球の位置によっては節分が2月3日以外になるので、今回は節分が2月3日以外になる理由をまとめました。節分は疫病などの悪い気(邪気)を追い払う行事がもとになっています。平安時代からあった節分の豆まきと恵方巻の由来についても併せてまとめました。
広告
タイトルとURLをコピーしました