Category: 子ども

子どもの学校のことが主

子どもとスキー、凍傷を防ぐ防水・防寒対策

子どもとスキー場に行くときに気をつけたいのが凍傷で、凍傷を防ぐためには防水されていて防寒対策もとれた格好をさせなければいけません。凍傷の原因のひとつにはきつい服や靴を着用したことによる血行不良もあります。凍傷を防ぐための服装選び、そして万が一凍傷になってしまったときの対処法をまとめました。

どうして食事中に肘をついちゃいけないの?

「食事中に肘をついてはいけない」と子どもに注意したら「なぜ」と聞かれ、答えることができなかったので「なぜ」を調べてみました。「なぜ」の理由、そして子どもが肘をついて食事をしてしまう理由、これから子どもの肘つきを治す方法を考えました。子どもの将来の幸せのためにも、肘つきは早めに治した方が良さそうです。

イチョウの葉拾い『銀杏かぶれ』に要注意

イチョウは代表的な街路樹で、寺社や公園など色々なところで見かけます。紅葉してきれいに黄色に染まったあの独特な葉の形に惹かれて葉を拾った経験はありませんか?実はこれ、調べてみると危険な行為でした。秋になるとよくやる落ち葉拾いの中に潜む『銀杏かぶれ』について紹介します。

園や学校など経由で肝油ドロップの案内が届く理由は?

年に2~3回ほど子どもの通う幼稚園から肝油ドロップの申込書が届きます。肝油ドロップについては、幼い頃に幼稚園や保育園で食べていたという記憶がある保護者は多いらしく、大人になっても肝油ドロップが食べたくなる人も少なくないとか。肝油ドロップにどんな栄養があるのか、現代の子どもに肝油ドロップが必要な理由をまとめました。

七五三とは?いつやるの、何やるの、いくらかかるの?

七歳、五歳、三歳の子どもが対象となる七五三。以前は子どもの健康を祈願する神事でしたが、時代が変わって現代は「着飾った子どもを写真に撮っておしまい」というイベントのやりかたの保護者も増えています。今回は七五三の基礎についてと、想い出となる写真撮影にはいくらほどかかるのかをまとめました。

小学校に絶対『縄跳び』の授業がある理由

小学校では冬が近づくと縄跳びの準備が始まります。縄跳びは全国の小学校が体育でやるもので、温で樹脂製の縄が撚れやすく、温まらない体には激しい運動である縄跳びは本来は冬に向かないものです。しかし多くの小学校で春や秋は運動会の準備、夏は水泳となるため、マラソンと共に縄跳びは冬の体育の定番となっています。

【体験談】『オンライン授業を受ける子ども』の観察

2021年の二学期は新型コロナウイルス感染拡大の渦中(第五波)で始まりました。埼玉県は全体的に「二学期の開始をどうするか」の決定が遅く、決定内容も結局は今まで通りの「感染対策は学校任せ・感染した後は家庭任せ」となりました。小学校や幼稚園の様子はどうなのか、小学生のオンライン授業はどのような感じなのか紹介します。

学校支給のパソコン、壊してしまったときの修理費はだれ負担?

2020年頃から全国の小・中学校に、1人1台のパソコン(タブレット)が配布されました。前々から提言されていたICT化を、皮肉にも新型コロナウイルス感染症が加速させた感じになりました。貸与されたパソコンを自宅に持ち帰ってきた場合、保護者として気になるのは「支給パソコンを壊してしまったら」です。※学校毎に対応は異なります※