七五三の基礎知識。七五三はいつやるの、何やるの、そして写真撮影はいくらかかるの?

七歳、五歳、三歳の子どもが対象となる七五三。以前は子どもの健康を祈願する神事でしたが、時代が変わって現代は「着飾った子どもを写真に撮っておしまい」というイベントのやりかたの保護者も増えています。今回は七五三の基礎についてと、想い出となる写真撮影にはいくらほどかかるのかをまとめました。

秋になったら小学校で使う『縄跳び』の準備を!縄跳びによる効果は?体育の指導要領に縄跳びがある理由とは?

小学校では冬が近づくと縄跳びの準備が始まります。縄跳びは全国の小学校が体育でやるもので、温で樹脂製の縄が撚れやすく、温まらない体には激しい運動である縄跳びは本来は冬に向かないものです。しかし多くの小学校で春や秋は運動会の準備、夏は水泳となるため、マラソンと共に縄跳びは冬の体育の定番となっています。

『中秋の名月』を楽しんだら10月にも月見をした方が良い?月と文化の関係は面白い

日本人にとって夜空に月が浮かぶ風景は「美しいもの」であり、空気が乾いて空が清んでいる秋は一年で一番月がきれいに見える季節です。そんな秋の真ん中にあるのが十五夜の月見で、実は月見は中国にならった風習ですが、日本独自の月見の風習「二夜の月」があります。一年に二回の月見、十五夜ともうひとつ、今年は二夜の月見をしませんか?