mother putting a face mask on her daughter

新型コロナウイルス対策として緊急事態行動が発表されました。1月末まで20時以降はステイホーム!

mother putting a face mask on her daughter (新型コロナウイルス)
Photo by August de Richelieu on Pexels.com

新型コロナウイルスの急速な感染拡大を食い止めるため2021年1月8日から2021年1月31日まで、埼玉県など1都3県を対象にした『緊急事態行動』発令に向けて最終調整が始まりました(2021年1月4日の情報)。

予定している要請の内容は

  • 20時以降の不要不急の外出の自粛
  • 酒を提供する飲食店(※)を対象に営業時間の20時までに短縮

1月12日以降は酒の提供にかかわらず飲食店全てが対象

事業者に対しては目標を設定してテレワークの徹底を要請、公立学校に対してはオンライン学習の併用の要請が出ています。

2020年夏の緊急事態宣言では車検の有効期限の延長など対象はいろいろありましたが、今回は飲食店を中心に対象は小規模になると予測されています。

緊急事態宣言期間中に時短要請される場所は?

2021年1月6日に公表された「緊急事態措置(原案)」によると、次の9種類の店が20時までの営業短縮を要請されるようです。

  • 飲食店
  • キャバレー
  • ゲームセンター
  • パチンコ店
  • ナイトクラブ
  • カラオケ
  • マージャン店
  • ライブハウス
  • 大型百貨店

2020年夏の緊急事態宣言で起きたことを踏まえ、さらに学校は一斉休校にしないことから、次の3つは営業短縮要請の対象外となりそうです。

  • ネットカフェ
  • 学習塾
  • 自動車教習所

新型コロナウイルス感染予防のため成人式の中止相次ぐ

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、緊急事態行動の発令が最終調整に入った首都圏1都3県は1月11日頃に予定されていた成人式の式典が相次いで中止・延期が発表されています。

直前の決定に「一生に一度なのに」と残念がる一方で、中止による振袖等のキャンセル料発生で国や自治体の対応の遅さに対する不満の声が上がっています(札幌市が昨年11月末に中止の決定をしているから尚更)。

埼北エリア各自治体の公式情報は以下の通りです。

埼北エリアは1月10日に実施される自治体が多いです。1月5日時点では中止・延期の決定は出ていませんが、中止・延期になる場合は各サイトのTOPページの新着情報に表示される可能性があります

5日付の埼玉新聞によると、熊谷市は10日に予定していた成人式の式典を中止するとのこと(記念品は配布する予定)。

その代わりに式典開催を予定していた会場の外に記念写真の撮影場所を設置、卒業した中学校ごとに場所を分けて新成人自身で写真撮影をしてもらうようです。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください