Category: 洗濯

梅雨の時期、洗濯物を部屋干しするときのコツ

関東地区が梅雨入りしました。湿度が高くなると体調を崩したりするのですが、雨続きで連日部屋干しになると家の中の除湿もままならず、さらに湿気を吸った家の中や洋服から”なんとな~くイヤな臭い”がすると気分はどんどん落ち込んでしまいます。梅雨の湿度はどうにもなりませんが、洗濯物のイヤな臭いは防ぎたいところです。

梅雨の時期に重要、靴を長くキレイに履き続けるコツ

靴を長くキレイに履くためには、履く前のケア(汚れ防止)が大切です。梅雨の時期は雨の日の外出、高温多湿で臭いが強くなりがちなので、防臭・抗菌の対策も必要になります。今回は靴を長く快適に履くために、防水および防汚効果のあるスプレー、そして消臭・抗菌スプレーを紹介します。

生乾き臭、部屋干しのときにオススメの洗剤5選

子どもがいると毎日大量の洗濯物がでます。洗濯で気をつけるのが「色移り」「ほこり」「生乾き臭」の3つで、特に「生乾き臭」は対人関係に悪影響があるので気をつけています。四季のある日本では長雨の続く夏と秋の始めは部屋干しすることが多く、連日「生乾き臭」との戦いです。今回は「生乾き臭」対策をした洗剤について。

古着を買ったら、独特のニオイをまず消臭

「良いものを安く買う」手段として古着は有効ですが、古着はどんなキレイな店であっても独特なニオイがします。その臭いの主な原因は「カビ」であると考えられ、古着を買った場合は他の服をカビの胞子から守るためにも必ず一度洗濯した方が良いです。今回は古着の臭いとり(カビの除菌)について。

汚れた体操服や靴下、洗濯機に入れる前の予備洗い

運動会シーズンになると泥や汗で汚れた洗濯物が激増します。洗濯機で洗っただけでは落ちない汚れだらけで大変、しかも洗っては直ぐまた使うといった高速サイクルです。この時期は「子どもの体操服だけなのに洗濯機を回さなければいけない」といったことも珍しくなく、今回は運動会シーズンにつきものの洗濯事情について解決方法をまとめました。

梅雨の時期に気をつけたい、カビ、洗濯物のニオイ、熱中症

高温多湿の梅雨はあまり嬉しくないというのが本音ですが、水や農業においては梅雨は絶対に必要な存在です。1ヶ月以上続くジメジメした雨天、曇天。梅雨に備えて子どもの雨具の準備、カビ対策、洗濯物のニオイ対策、そして熱中症対策が重要になります。また梅雨の時期の伝統「夏越の祓」と「水無月(和菓子の名前)」についても紹介します。