Category: ガーデニング

バジルはポット苗ひとつでたくさん収穫できる

バジルはヨーロッパ系の料理で定番のバーブ。パスタでもカプレーゼでも、1年に2回以上バジルを使う場合は、スーパーで買うよりもホームセンターなどでポット苗を購入して育てた方がお得です。バジルは育てるのが簡単です。毎年買い替えても損しないほどバジルは生育が旺盛なので、1年間たっぷり楽しめます(乾燥させられれば無駄なし)。

ローズマリー、花が終わった4月~6月に剪定

家庭菜園に植わっているローズマリーは丈夫なのでほとんど手入れは不要、いろいろな薬効があるので便利なのです。しかし、ボサボサに伸びたり木質化してしまうため、きれいに育てるのは難しいです。木質化は抑えられませんが、ボサボサは育て方の問題なので剪定で抑えることができます。今回はローズマリーの剪定について。

シェードガーデニング、家の周りをぐるっと緑化

日本の住宅事情では「日陰のない庭」を作るのは難しいのですが、ここで気になるのが建物の周りをぐるりと植物で囲まれるイングリッシュガーデン。日陰はどうしているのか。海外では、日陰の特性を知り、それに合った植物を育てる「シェードガーデニング」があるそうです。

結婚式に人気、ハゴロモジャスミン

甘い強い香りが特徴のハゴロモジャスミンは、最近人気の結婚式スタイル「ラスティックウエディング」で花嫁がもつブーケに使われることが多い花です。白い花弁の縁は艶やかなピンク色で、その花姿と香りから「誘惑」や「官能的な愛」という花言葉を持ちます。今回はハゴロモジャスミンの育て方について。

西洋芝が黄色くなったら直ぐスミチオン

10月になると虫は越冬するために準備を始め、芝の害虫として代表的なスジキリヨトウ(ヨトウムシ)は地中に潜って芝を食害し大量に枯らし始めます。地中にいるイモムシたちはスミチオンで大量に駆除することができます。スミチオンは人体にほぼ害のない農薬で、散布直後は少々臭いますが2~3日で臭いも消えて普通に庭で遊ぶことができます。

植木鉢で育てている柚子は何年目で実がつく?

植え替えした柚子の木は直ぐに実をつけることはなく、数年は花も咲かせません。柚子の実をたくさん収穫するために、花や実をたくさんつける方法をまとめました。柚子は初心者向けの樹木ですが、実をつけるためには植え替え、水やり、追肥、剪定などの管理が必要になります。今回は柚子の実をたくさんつけるためのポイントをまとめました。

『ヒガンバナ』はどんな花?毒があるって本当?

秋の彼岸のころ、日本のあちこちでヒガンバナが咲く風景を見ることができます。まるで燃える炎のようにも見えるため「家に持って帰ると家が火事で燃えてしまう」という不吉な迷信もあり、以前はヒガンバナを庭に植えるという風習はあまりありませんでしたが、最近はそんな不吉な迷信も薄れて住宅地でも見るようになりました。

柚子の葉が葉脈だけに!アゲハチョウの幼虫を探す

夏に活動する天敵がいなくなった頃に植物の葉を食い散らかすのが蝶や蛾の幼虫である青虫や毛虫です。青々としている葉が齧られている様だったら幼虫がいる可能性が高く、早いうちに捕殺しなければ多くの葉が食われて生育に悪影響が出てしまいます。青虫・毛虫はどんどん形を変えながら成長して大きくなり、大きくなると薬剤が効きにくいです。