『ヒガンバナ』はどんな花?毒があるって本当?

秋の彼岸のころ、日本のあちこちでヒガンバナが咲く風景を見ることができます。まるで燃える炎のようにも見えるため「家に持って帰ると家が火事で燃えてしまう」という不吉な迷信もあり、以前はヒガンバナを庭に植えるという風習はあまりありませんでしたが、最近はそんな不吉な迷信も薄れて住宅地でも見るようになりました。

バラの新芽や若葉はなぜ緑でなく赤いのか?

バラの新芽は赤く、しばらく葉も赤いままです。バラに限らず植物の葉の色は主に2つの色素『クロロフィル』『カロテノイド』で決まりますが、植物はこの2つの色素の他に抗酸化作用を持つポリフェノールのひとつ『アントシアニン』を作ることができます。バラの新芽が赤いのはこのアントシアニンが原因です(理由を解説します)。

バラ守り人の多忙な梅雨。農薬散布、害虫駆除、そして剪定。

バラにとって多湿の環境は病気になりやすく、害虫もつきやすいと、あまり良い環境ではありません。水がたくさんなので新芽が出やすく、シュートといった突然伸びる枝の登場で管理するバラ守り人たちも、剪定したり、害虫駆除したり、剪定したり、病気対策をしたりと梅雨時期は大変忙しくなっています。

バラは落葉性なのに?暖冬の影響で落ちなかった古い葉はどうするべき?

暖冬の影響なのか冬の終わりなのに未だ葉が落ち切らず、それどころか青々とした葉をたくさんつけています。冬だから剪定する/摘葉するべきなのか、それとも青々としているのだから無理に取らず残しておくべきか、どちらの意見もあり困ってしまいました。そして「残す」を選んだ私の次の春のこともまとめました(私なりの結論)。