『むくみ』はカリウム摂取で改善

浮腫み(むくみ)の解消に効く栄養はミネラルのひとつ「カリウム」です。浮腫むと「リンパを流れにくくして細胞周辺に老廃物が溜まりやすくなる」「脂肪細胞周辺に老廃物が集まってセルライト化」など肥満が悪化してしまいます。浮腫みの改善はダイエットには不可欠、ダイエットにはカリウムの摂取が重要になります。

骨盤矯正、適度な運動と併せないと効果なし

産後は誰もが骨盤が開いて歪んでしまいますが、その後「開いた骨盤を閉じて正しい位置に戻せるか」が今後の体調を大きく左右する、、、ということが最近分かりました。骨盤矯正は整体などに行けばすぐに施術してもらえ、1回の施術で大体正しい位置に戻せるそうです。しかし何もしないと即元通り、、、それを防ぐのが運動(筋トレ)です。

40歳、今さら聞けない『セルライト』予防法

日本人女性の8割にあるセルライト。この脂肪と老廃物を混ぜてコラーゲンでコーティングした”燃えにくい脂肪”じゃ血やリンパの巡りを悪くして、冷え性や浮腫みの原因になっています。運動や食事制限をしてもぜんぜん痩せない原因はセルライトとも言われていて、セルライトがとれれば一気に痩せるのも夢じゃないとか。

40歳、更年期障害対策『ホットヨガ』

女性は40歳くらいから女性ホルモン(エストロゲン)の分泌量が減り始め、それによって心身に不調が見られるようになります。更年期障害もそのひとつで、更年期障害対策は40代前半には始めたいところです。オススメはホットヨガで、500円ほどで手軽に体験することもできます。思い立ったその日が吉日、ホットヨガ体験してみませんか?

フェイスライン消滅、顔のたるみは老けの原因

マスクを外した顔の写真をとったら、その疲れて老けた感じに見える自分の顔に驚きました。原因は顔のたるみ、フェイスラインがぼやけています。なぜ一気に顔がたるんだのか、原因はマスク。コロナ禍で長時間マスクを着用することになり、表情筋を使わなくなったり、常に皮膚を口元に向けて引っ張ったりとで、顔がたるみやすくなったようです。

夏を乗り切る体作り、発酵食品と食物繊維が大切

腸内環境が整うと体は元気になり、夏バテや夏風邪(感染症)を防ぐ力もつきます。腸内環境を整えるのに効果的なのは「発酵食品」と「食物繊維」で、腸内の環境を良い方向に導くのがヨーグルトなどに含まれる乳酸菌やビフィズス菌などの生菌です。肥満や肌荒れの原因にもなる悪玉菌。元気に美しく夏を乗り切るために腸内環境を整えましょう。

子どものマスク焼け、防げるマスクと日焼け止めクリーム

私が過去にゴーグル焼けした経験から、コロナ対策でマスク必須の今年も私と子どもの『マスク焼け対策』には気を使っています。マスク焼けを防ぐには「マスクの色」と「日焼け止めクリーム」が重要になります。マスクは熱中症のリスクが高まるので冷感素材であること、日焼け止めクリームは子どもの肌に合わせたものである必要があります。