Category: 漫画やアニメ

キッチンで気軽に、燻製ライフはじめました

ドラマ化もされた大島千春さんの漫画「いぶり暮らし」の影響で、うちも燻製作りを始めました。「始めた」といっても、年に数回庭でやっていたのですが、漫画を見て「台所のコンロでもできそう」と思って、気軽な燻製ライフをスタートしました(新たに、キャプテンスタッグの大型燻製器を購入)。

2022年、「うる星やつら」新作アニメ放送予定

高橋留美子さん原作のラブコメディ「うる星やつら」が約36年ぶりにテレビアニメ化。小学館の「創業100周年」を記念したプロジェクトの一環で、原作エピソードを選り抜き全4クール、そのうちの第1期が2022年に、フジテレビの深夜アニメ枠「ノイタミナ」ほかで放送される予定。なに、この、素敵な御褒美♡

「恋は雨上がりのように」で”Ready”の良さを再確認

「恋は雨上がりのように」はアニメや映画(実写版)などメディア化された人気作品。何か大きな一仕事を終えた大人に、前に進みたいけれど勇気が出ない大人に、木村拓哉さん主演の古いドラマ『ロングバケーション』が好きだった大人におススメです。 但し、恋愛的ハッピーエンドを望む場合はオススメしません。

青春を終えた大人におすすめ、映画「空の青さを知る人よ」

「これは、せつなくてふしぎな、二度目の初恋の物語」。そんなキャッチフレーズをもつアニメ映画「空の青さを知る人よ」は青春を終えた大人におすすめの作品です。どこの街にもいるような、普通の高校生の、その年代にありがちな悩み事、身に覚えのある感情が沢山。そんな彼らに背中を押されるような、設定がおもしろいファンタジーです。

マンガ大賞を受賞した『葬送のフリーレン』は評判を通りに面白い

マンガ大賞2021を受賞した『葬送のフリーレン』が面白かったです。シリアスあり、ギャグあり、哲学的で考えさせられる冒険譚です。タイトルにある”フリーレン”は魔王と倒した勇者パーティーの魔法使い。種族・エルフで長命のため、自分にとって大したことのない時間が人間にとっては長いことを知り『人間』について知る旅に出ます。

「鬼滅の刃」遊郭編の放送開始、曲に賛否両論

鬼滅の刃 テレビアニメ第2期「遊郭編」が2021年内放送が決まったと発表されました。「遊郭編」は映画「無限列車編」の続き。「遊郭編」は無限列車での任務を終えた炭治郎たちは鬼殺隊の”音柱”宇随天元(うずいてんげん)と共に鬼の棲む遊郭に向かうところから始まります。

PG12指定された劇場版「鬼滅の刃」を小学生以下は見られない?

劇場版「鬼滅の刃」無限列車編がPG12(親または保護者の助言・指導があれば12歳未満の年少者でも視聴可)に指定されました。PG12ということは小学生以下は見ることができないのか?青少年を保護する目的で設定されるPG12の正確な意味とPG12が導入された背景をまとめました。