ゆず湯にかぼちゃ、日本の『冬至』は風邪をひかない体を作る日である

一年で最も日が短い冬至は、これから厳しい寒さを迎えるにあたり「ゆず湯に入って体を温める」なといった風邪予防など健康に関する風習があります。新型コロナウイルスの新たな変異株の登場など、今年の冬もコロナを始めとしたいろいろな感染症に注意しなければいけません。改めて冬至の風習と冬の感染症(風邪)対策をまとめました。

吃驚、マスクを外したらフェイスラインが消えていた!顔のたるみは老けて見える!

マスクを外した顔の写真をとったら、その疲れて老けた感じに見える自分の顔に驚きました。原因は顔のたるみ、フェイスラインがぼやけています。なぜ一気に顔がたるんだのか、原因はマスク。コロナ禍で長時間マスクを着用することになり、表情筋を使わなくなったり、常に皮膚を口元に向けて引っ張ったりとで、顔がたるみやすくなったようです。

子どもがよくする”落ち葉拾い”に潜む危険!イチョウの葉に触れたあとは『銀杏かぶれ』に要注意

イチョウは代表的な街路樹で、寺社や公園など色々なところで見かけます。紅葉してきれいに黄色に染まったあの独特な葉の形に惹かれて葉を拾った経験はありませんか?実はこれ、調べてみると危険な行為でした。秋になるとよくやる落ち葉拾いの中に潜む『銀杏かぶれ』について紹介します。