除夜の鐘は108回より多く打っても良い?煩悩とは何か?

渋谷のカウントダウンイベントに10万人が集まる」ニュースを見ながら、我が家はのんびり2018年を迎えました。

1年に1回の大晦日の夜は近くの寺社から除夜の鐘が聞こえます。除夜の鐘を”騒音”とする地域もあるようですが、私たちの暮らす地域ではいまも除夜の鐘が響きます。お昼寝をたっぷりした3歳と0歳の娘たちと厳とした鐘の音を楽しみました。

「ごーんってきこえる!」

3歳の娘は除夜の鐘に大はしゃぎ、大晦日ならではの雰囲気ですが…

「除夜の鐘ってまだ続くの?」

娘たちが寝て、深夜1時を過ぎても鳴り続ける鐘。うるさいわけでもなく睡眠を妨げるわけでもないのですが、一体何回突くのか気になりました。除夜の鐘は108回だと思っていましたが…。

除夜の鐘で”去年の煩悩”を祓う

除夜の鐘は「去年の煩悩には煩わされない」という意味から108回打つ、旧年に107回打ち、新年を迎えて1回打つのが一般的ですが、打ち方・打つ数は寺院によって異なるのが現状です。

煩悩とは仏教の教義の1つで、「心の汚れ」という意味があります。

私は「煩悩」というと「悪いもの」をイメージします。”煩悩の塊”とか、あまり良いイメージはありません。しかし、「煩悩」のような欲や怒りは生きていく上で必要なエネルギーと考える宗派もあります。

人間の諸悪の根源は貪欲さ、害意、愚痴

「煩悩」を”人間の諸悪の根源(人間のいろいろ悪いところの原因)”とすると、大元は「貪欲」「瞋恚」「愚痴」の3つと言われています。

  • 貪欲…必要以上に求めること
  • 瞋恚…怒りの感情
  • 愚痴…物事の心理や本質を知らない(無知)

この3つは「人間の悪いところ」でありながら、「人間を苦しめること」でもあります。「稼ぎたい=お金がない生活は怖い」と言った感じで、”怖い思いをしたくない”、”苦しみたくない”という思いから生まれるのが欲でもあるようです。

スポンサードリンク
1 2 3

takka

シェアする

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください