液体電子蚊取りをつけっ放しで火事になる?

蚊が出たのでキンチョウリキッド(液体電子蚊取り)を使い始めました。当時はまだ4月なのにという思いもありましたが、蚊がでたという現実を重視しました(´Д`)
キンチョウリキッドの豚型
蚊のあの羽音に気づいたのは夜中でしたが、運よく去年の残りがありました。キンチョウリキッドの取り替えボトルは年越し可能です
  ↑
器具から取り外し、最初についていたキャップをしっかりしめておくこと。

残りなので液体が底にちょっとある程度です。当時は4月で外出ときのチェックポイントから漏れ、電源を切ったかどうか分からずに出掛けてしまいました( ´;゚;∀;゚;)

中の液体が枯れても加熱し続けたら火事になるのではないか、と思いましたが、調べてみると一定の温度以上にはならないように器具は設計されているようです。

ああ、良かった(・・;)
(結局、電源はオフにして出掛けていましたが)

ただしキンチョウリキッドの正しい使い方として、キンチョウの公式サイトでは用法・用量を守り12時間ごとの使用が推奨されています。

キンチョウリキッドでは殺虫効果のある液体を電気で温めて揮発させています(ほとんど臭い(刺激臭)がありません)。キンチョウリキッドの殺虫成分はピレスロイド系なので、万が一口に入れるなどしてしまっても体内の酵素で代謝分解されて体外に排出されます
  ↑
大事に至らないケースが多くても医療機関の受診は大切(受診の際はピレスロイド系の殺虫剤を口にしたことを伝えること)

【了】

広告

takka

シェアする

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください