LINEを始めるときの注意点は?「LINEの利用は今や常識」だから今さら誰にも聞けない!

LINEの利用者数は2020年3月末時点で8,400万人、日本の人口の約67%です。

実際に、格安スマホに変えてキャリアメールが使えなくなり、Hotmail等のフリーメールはタイムリー連絡に不向きなのでLINEのインストールはほぼ必須になりました。

LINEで嫌なのは、私がLINEを始めたことを私の電話番号を知っている人全員に通知されてしまうことでした。調べてみると、これを防ぐ方法がありました。

LINEを初めて起動したときの設定

LINEの3つのアクセス権限の設定が大切です。アクセス権限はLINEアプリをインストールして、LINEを初めて使うときまず設定しなければいけません(設定内容の変更は後からできる)。

  • 電話の発信と管理を許可
  • 連絡先へのアクセスの許可
  • SMSメッセージの送信と表示の許可

電話の発信と管理は許可する

『電話の発信と管理』を許可することで、LINEの(無料)通話機能が使えるようになります。許可しないとLINE通話ができません

『電話の発信と管理の許可』というから小難しいのですが、これは「LINEアプリが本体のマイク機能とスピーカー機能を使うのを許してくれますか?」ということです。マイクとスピーカーがないと通話できませんよね?

ちなみに、通話機能を使うことと電話線を使うことは関係ありません。スマホ本体の通話機能は電話線を使いますが、LINEの通話は電話回線を使いません。スマホの通話(料)とは電話線を使った通話に課されます。LINEは電話回線を使用しないので、LINEで何時間通話しても電話料金は発生しません。

連絡先へのアクセスを許可すると友だちが自動追加

『連絡先へのアクセス』を許可すると、あなたのスマホ本体の電話帳(またはアドレス帳)と連携します。電話帳と連携すると、あなたの電話帳に登録してある人で、あなたの携帯の電話番号を知っている人全員が、あなたのLINEの連絡先(友だち)に自動的に追加されます。

私は許可しないを選択しました。電話帳には昔の仕事仲間もたくさん登録してあるので、今はもう連絡しない人を取捨選択するのが面倒だったからです。

”許可しない”を選択すると、LINEを起動するたびに許可を求められます。許可の確認は、連絡先へのアクセスを許可するか、「今後この情報を表示しない」を選ばない限り毎回続けられます。

SMSメッセージの送信と表示はよく分からない

「SMSメッセージの送信と表示」については、どのサイトを見ても何の許可なのか解りません。分からないときは「許可しない」を選択しておきます。

何か不都合が生じたら許可する予定でしたが、約1年間使い続けても特に問題ありませんでした。

※「許可しない」でもLINE IDの新規登録時の本人認証のためのSMSメッセージは送信・受信できました。

新規登録時の「友だちの追加」に注意

LINEアプリをインストールして初期設定が終わったら、LINEアカウントの新規登録をします。

新規登録には電話番号かFacebookの認証が必要

新規登録には、電話番号かFacebookアカウントでの認証が必要になります。

私は電話番号での認証を選びました。登録画面に電話番号が自動的に表示されるので、誤り等がなければ「送信」ボタンを押します。本人認証確認用の数字(4ケタ)が記載されたメッセージがSMSに1分以内に届きます。

名前を登録するときには「友だち」に注意

次は「名前」の登録になります。「姓だけ」「名前だけ」「あだ名」「ハンドルネーム」など何でも登録可能です(ひらがな、カタカナ、漢字、英数字が利用可能)。私は本名(フルネーム)を登録しています。

名前を入力しても、すぐに「登録」しないで下さい。

名前を入力した画面の下に、2つのチェック項目があります。初期状態では、どちらもチェックが入った状態(緑色)です。

― 私がLINEを始めたことがみんなに分かってしまった ―

LINEに登録したら自動的に「〇〇さんがLINEを始めました」が送られてしまった/送られてきたという経験がありませんか?これはこの2つのチェック項目が原因です。

【友だち自動追加】

「友だち自動追加」は、あなたのスマホ本体の電話帳に電話番号等が登録されていて、かつ、LINEをすでに使用している人が自動的にあなたのLINEの「友だちかも?」に表示されます(申請と承認して追加しない限り「友だち」にはならない)。

【友だちへの追加を許可】

「友だちへの追加を許可」は、あなたの携帯電話番号を電話帳に登録してある人で、かつ、LINEをすでに使用している人のLINEの「友だちかも?」にあなたが自動的に表示されます (申請と承認して追加しない限り「友だち」にはならない) 。

つまり、「〇〇さんがLINEを始めました」という〇〇さんは「友だちへの追加を許可」のチェックを入れたままの人です。外してあればこの連絡が行くことは決してありません。

私は両方のチェックを外しました(緑色から灰色に変化)。LINEを使用してみた後、これらを変更したい場合はアプリの設定画面にある「友だち」で変更できます。

格安スマホは友だち検索機能が使えない

格安スマホの場合は友だちの検索ができません。格安スマホにインストールしたLINEで友だちの登録をする方法は次の2つです。

  • QRコード認証(メールに添付したQRコードで登録することも可能)
  • 別の友だちのLINEトークに「連絡先」を添付してもらう

QRコード認証は「カメラ撮影を許可する」にしないと利用できません。

キャリアで契約しているスマホならば電話番号検索などができますが(年齢認証ができるため)、格安スマホの場合は友だちの検索はほとんどできません。但し、企業等の公式のLINEは検索して追加することはできます。

スポンサードリンク

takka

シェアする

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください