親が教えられることと子どもたちで学ぶこと

義弟が家族を連れて我が家に遊びに来ました

義弟には2歳になる息子がいて、3歳の娘にとって唯一の従姉弟です。また私たち夫婦にとっては”子どもの成長は早い”を実感させてくれる存在でもあります。

我が家ができた頃に遊びに来たときはヨチヨチ歩く程度だったのに今ではドテドテッと不安定ながらも走り回る甥っ子、娘も前回は近寄ろうとしなかったのに自分から寄っていきました。

「◯◯ちゃん、だめよ」
「◯◯ちゃん、ねんね」

立派に”年長者”をする娘の姿は、ここ数ヶ月「妹が出来るんだよ」「お姉ちゃんになるんだよ」と教えつつも、「こんな我侭で大丈夫なのか」と心配してきた私たちの杞憂を思い切り吹き飛ばしてくれました。

子どもはちゃんと成長するということを夫婦で実感しました。

子どもだけで学ぶってのがあるんだなぁ」
「幼稚園に行ったらどう変わるかな」

娘の幼稚園の入園申込み(願書提出)は今週水曜日に迫っています(詳しくは「 」を読んでください)。

「それに引き替え、じいさんは成長しないな

旦那がそう呟く視線の先には娘を膝に乗せてYouTubeを見せる義父

せっかくなので義理の両親も泊まっていくことになり、孫たちと長く過ごせる義父は大喜び・・・ですが、義母ほど子どもとの遊び方を知らず娘がヨチヨチの頃から一緒にYouTubeを見ることが恒例に

(・・・嫌な予感がする)

大勢が集まって楽しい時間、娘にとっては眠るのが勿体ないという状況です。

案の定、0時が近づいても寝ようとしない子どもたちに私と義妹が手こずり、眠りたくないけど眠い上に母の苛立ちを察知した子どもたちは「ねないとぐずり・・・

この状況を予知していた義母は苦笑して傍観してくれましたが、孫が泣いていることに我慢できなくなった義父は「アンパンマンでも観るか?」とiPadを取り出し・・・

「YouTubeはもう禁止

「アンパンマン、アンパンマン」と泣き叫ぶようになった娘の姿に、とうとう旦那は父親を叱ることになりました翌朝、どう孫と接しようかと悩む義父の姿は痛ましく・・・

「大人も遊び方を子どもから学ばないと
「じいちゃんはラクしようとし過ぎ

しかしそんな義父に義母は一刀両断というか・・・止めを刺していました

大人も子どもから学ばないといけない、子育ての難しさを実感する実りの多い週末となりました。

広告

takka

シェアする

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください