「土用の丑の日に鰻」は栄養豊富な現代では夏バテ対策というより旬を楽しむ目的の方が強い

土用の丑の日なので鰻を食べました。今年(2017年)は土用の丑の日が2回あります。

  • 2017年7月25日
  • 2017年8月6日

なぜ土用の丑の日が2日あるのか…と思いましたが、実は「土用の丑の日」に該当する日は1年間に約6日あります。

日本の暦は「万物は木・火・土・金・水の5種類の元素からなる」という五行思想(五行説)が基本です。この説の発端は古代中国です。ちなみに西洋ではまた違って、18~19世紀頃まで四大元素説(四元素説)が思想の中心でした。

五行では

  • 春 … 木気
  • 夏 … 火気
  • 秋 … 金気
  • 冬 … 水気

このように季節に各元素を割り当てました。残った土気には季節の変わり目を割り当て、各季節が始まる四立(立春・立夏・立秋・立冬)の直前約18日間を「土用」と表現するようになりました。

鰻で有名な土用の鰻は”立秋前の土用”です。

「土用の丑の日」の丑は”干支の丑”です。土用の期間である約18日間は干支で順番をつけていて(始まりが子とは限らない)、始まりの干支と日数によっては丑が2回回ってくることがあります(「一の丑」「二の丑」と付ける)。各土用ごとに「丑の日」は約1.5日、1年間に「土用の丑の日」は約6回あることになります。

  • 2017年7月25日 ← 一の丑
  • 2017年8月6日 ← 二の丑

土用の丑の日に鰻を食べるのは夏バテ対策です。

この習慣については江戸時代に平賀源内が広めたという説がありますが、実はもっと古くからある風習に倣っただけという説もあります。その根拠として夏バテに対する鰻の効果についてよんだ歌が万葉集(700年代に編纂)に修めれています。

石麻呂に吾もの申す夏やせによしといふ物そむなぎ取り食せ
(私は石麻呂に言ってみたのさ、夏痩せには鰻(むなぎ)が良いらしいから採って食べたらと)

痩す痩すも生けらば在らむをはたやはたむなぎを捕ると川に流るな
(げっそり痩せてしまっても生きていられれば良い。鰻(むなぎ)を採りに行ったりして川に流されるなよ)

いま世界で鰻は19種類確認されていて、そのうち食用になるのは4種類です。日本で料理される鰻は主にニホンウナギで、縄文時代の遺跡からも食用したと思われる鰻の骨が出土しています。

江戸時代の鰻は蕎麦と同じく庶民食でした。

徳川家康の時代に江戸の地が開拓され、それによって多くの泥炭湿地ができ鰻が住み着きました。大量に獲れたので安く提供されて労働者の食べ物として馴染んだと言われています(鰻と蕎麦がほぼ同じ価格)。

「鰻屋で急かすのは野暮」

「蒲焼が出てくるまでは新香で酒を飲む」

こんな言葉が生まれるほど、江戸っ子にとって鰻はこだわりのある料理だったようです。

鰻は高タンパク、高ビタミン(A、B1、B2、D、E)、DHA・EPAやミネラル(鉄、亜鉛、カルシウム、銅)が豊富で消化も良いです。

そのため鰻は夏の滋養食と言われていますが、疲労の研究をしている大阪市立大学の梶本教授によると

「食肉など栄養価の高いものを食することが当たり前になった現代においてはエネルギーやビタミン等の栄養不足が原因で夏バテになることは考えにくく、夏バテ防止のためにうなぎを食べるという行為は医学的根拠に乏しい」とのこと。

因みに一年で鰻が最も美味しいと言われる時期(旬)は夏ではなく、冬眠に備えて養分を蓄える晩秋から初冬だそうです。

スポンサードリンク

takka

シェアする

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください