育児休業給付金が実際に振り込まれてみて

旦那が育児休業(以下、「育休」)の延長を会社に打診し始めました。

当初は2ヶ月間で申請する予定でしたが、実際は一子が幼稚園に入園するまでの4ヶ月間で申請しました。

育休期間を4ヶ月にした理由
育児休業は対象の子どもが1歳になる前の日まで取得することができます(条件に合えば延長可能)。それを4ヶ月にしたのは仕事の心配もありますが、育児休業給付金の支給額が分からなかったからです。
  ↑
“賃金の67%”と言われても計算が面倒(分かりにくい)。「支給されれば分かる」的な人が多い。

「育休の給付金っていつ入るの?」
こんな旦那の質問に二人揃って基本的な知識が欠如していたことに気付き調べてみたした。

結果、初回の支給は“育休開始日から2ヶ月後に申請してから約5日のうち”に指定口座に振り込まれます。振り込まれるのは直前の2ヶ月分です。

育休開始日 1月10日
給付金申請可能期間 3/10~5/9

3/15に申請した場合、1/10~2/9と2/10~3/9の2ヶ月分が3/20までに振り込まれることになります。

「育休を6ヶ月まで延長しようと思う」
育児休業給付金の支給額を確認し、生活に支障なく、子どもたちの成長をみたいと言う旦那に協力しようと思っています。

さて、この「6ヶ月」ですが育児休業給付金は休業開始日から180日以下は賃金の67%ですが、それ以後は50%に減額します。

【了】

広告

takka

シェアする

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください