6歳以下の子どもの腕を強く引くと「肘内障」になる可能性がある

3歳の娘を強く引っ張ってしまい、肘内障にしてしまいました。

「…痛い」と静かに痛みを訴え、だらんと腕を下ろしたままの娘の姿に慌てて整形外科に連れて行きました。


肘の関節が外れかけている状態(肘内障の代表的な症状)

スポンサードリンク

肘内障は肘の関節が外れかける亜脱臼

肘内障は【肘の輪状靭帯と橈骨(とうこつ)頭がズレかける亜脱臼】です。ねじれた状態で腕を強く引っ張ってしまうと起きます。

肘内障は輪状靭帯が未成熟な6歳未満の子どもに多い疾患です。骨や関節が成長して小学生くらいになると肘内障は起こりにくくなります。

肘内障になるとどんな状態になる?

【肘内障の症状】

  • 腕が動かせなくなる(指は動かせる)
  • 痛みで子ども自身が腕を動かしたくなくなるため、腕がダランと下りたままの状態になる
  • 肘やその周辺の腫れはない
  • 手や指の先の変色はない

骨折のような痛みはないので「痛い 痛い」と泣かない子どもも多いです。【腕を下ろしたままなら痛くない】のが骨折と大きく異なる点です。骨折は骨を包む骨膜が破れるので、どんな姿勢をとっていても激痛に襲われます。

肘内障を疑う場合は必ず整形外科を受診

肘内障は自然治癒しにくいので必ず整形外科を受診します。亜脱臼と聞いて絶対に安心してはいけません、放置すると悪化することもあります。

外出先や診療時間外の場合は#8000で対応してくれる医療機関を探しましょう(#8000にかけると最寄りの医療相談窓口につながる)。

肘内障は整形外科に行けば1分未満で治る

整形外科では『整復』という処置をされます。ぐにぃぐにぃとねじって治してくれました。所要時間は1分未満。施術が終わると、元気なかったのが嘘のようにケロッと普段通りになりました。


自分でもできそうな処置ですが、 間接や骨の具合を調整する医療行為なので絶対に医師にやってもらうべきです。

病院で交わした手術同意書の内容

所要時間が1分未満でも『整復』も手術の1つです。施術前に同意書を交わします。

― 手術同意書 ―

肘の部分で前腕骨(尺骨・橈骨)2つの骨を回転させる部分があります。適度に進展したり、引っ張ったりすると、幼児の場合は靭帯がゆるいため前腕骨の2つの間を保つ関節が脱臼したような状態になり、型から腕全体が動かなくなります。

整復して元に戻せば5~10分以内に症状は消失しますが、まれに整復困難な例や肘内障とは別の原因で肘が動かなくなることもあります。

肘内障の診察代は?

  • 初診料 407点(乳幼児加算、夜間早朝等加算)
  • 関節脱臼非観血的整復術(小児肘内障) 1200点

子ども医療費助成があるので無料でしたが、医療費助成がなければ1点10円なので16,070円ということになります。

肘内障はクセになる?

診てくれた整形外科医によると、肘内障はクセにはならないそうです。

スポンサードリンク

takka

シェアする

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください