帽子をかぶって髪を冬の乾燥から守る!でもデメリットもある!

関東特有の冬の乾いた風”赤城おろし”が吹き始めました。

他地方から来た人が驚く乾燥っぷりに髪がパサパサになります。舞う髪も邪魔になるので、高崎市の老舗の帽子屋さん「金古屋」で新しい帽子を購入しました。

昔は身分や職業を示した帽子

帽子は防暑・防寒・防砂など外的要因から頭部を守る役割と、装飾の役割があります。英語の授業でも習いますが一般的に帽子は”hat”、そのうちツバがないもの・一部しかないものを”cap”と言います。

一般的に布製ですが、麦わら帽子など他の素材で作られたものもあります。

歴史的には頭部の装身具は社会的身分を示すことが多いです。コック帽はシェフ、ベレー帽は画家、麦わら帽子は農家といった感じです。でも、最近では身分を示す物というよりファッション性が重視されています。

 

帽子をかぶるメリットとデメリット

帽子には暑さや寒さから頭部を守る役割があります。

一方で、日本の様に高湿な気候では「帽子を被ると蒸れてハゲてしまう」という人もいます。帽子はハゲの原因になるのか?実は正しくかぶれば<ハゲを予防できる効果>があります。

まずは帽子をかぶるメリットです。血行は髪の育成に大切なので、血行不良を防止することは<ハゲを予防できる効果>といえます。

  • 紫外線から頭皮や髪を守る
  • 寒さから頭皮を守り血行不良を防止
  • 乾燥から頭皮を守る

一方で、帽子をかぶるデメリットです。ムレが問題のようなので、かぶりっ放しはやめた方が良いです。定期的な洗濯も大切です。

  • 頭皮がムレると、皮脂の分泌量が増えて雑菌が増殖する
  • きつい帽子をかぶると、血行不良になる
  • 帽子がこすれると、頭皮や髪を傷める
  • つばの接合部にカビが生えると、M字ハゲを進行する

 

正しい帽子の選び方・使い方

  • 圧迫しないサイズを選ぶ
  • ウールやニットなど保湿性のある素材を選ぶ
  • 通気性のある素材や構造を選ぶ
  • 外にいるとき以外は長時間かぶらない
  • 汗をかいたら小まめに拭き取る
  • 蒸れたときはできるだけ早く洗髪する

冬の乾燥から守る7つのポイント

冷たく乾いた寒い冬の天候は髪の毛にとって厳しい環境です。

帽子をかぶることも髪を冬の乾燥から守る大事な方法ですが、髪の摩擦や静電気が気になる人はシルクのスカーフで髪を包んだあとにニット帽をかぶると良いです。

帽子をかぶる他に、髪を乾燥から守る7つのポイントをまとめました。髪の乾燥を防ぐために、乾かす前にベビーオイルを塗るのもおすすめです。

  • ビタミンとタンパク質の多いものを食べる
  • 水を飲む
  • 洗うときは熱過ぎないお湯で洗う(洗髪回数を減らしても良い)
  • 傷んだ毛先を切って髪の健康と成長を保つ
  • 濡れた髪で外出しない(髪が凍結し傷む)
  • 天然オイルで髪を保湿する
  • 乾燥髪はもろいのであまり解かさない

[amazon_link asins=’B003APCFIW’ template=’ProductCarousel’ store=’tuduri-22′ marketplace=’JP’ link_id=’e382f223-99da-11e8-a177-cfcbfe1c6216′]

『  た。』
『  た。』
楽しかったこと、困ったこと。毎日は『  た。』の繰り返し。たくさんの『  た。』を綴っています。

スポンサードリンク



0
アバター

takka

シェアする

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください