コンクリートの基礎知識と基本的な使い方

「MTあったよ」

出張中の旦那のために、娘が1日に1~2回バイクがあるかどうかチェックしています。旦那とのスカイプで自信満々に報告する娘を見ると楽しくなります。

客間の窓から見えるバイク置き場は旦那の手作りで、せっせと資材を買い込んでDIYで作った力作です(私も少々手伝いました)。

駐車場の目地埋め(DIY)のときはやや邪道な方法でしたが(詳しくは「」を読んでください)、あの後のブロック塀作り(DIY)ときは仕様通りに水で混ぜてから使っていました(塀について詳しくは「」を読んでください)。

今回はバイクの駐車スペースなのでそれなりの広さもあり、「資材の買い出しが大変」と「コンクリートを練るのが大変」というボヤキが交互に発せられました

砕石やインスタントセメントは1袋20kgほどありましたから。

今回はインスタントセメント(砂利が混じったものなので正確には”コンクリート”)の使い方等についてまとめてみました。本記事はホームセンターで配っていた「コンクリートの使い方」というリーフレットを参考にしています。

これからDIYでコンクリートに挑戦しようと思っている人の参考になると嬉しいです。

広告

コンクリートの基礎知識

「コンクリート」とはセメントに砂と砂利を混ぜた資材です。セメントに砂だけ混ぜたものを「モルタル」と言います。また「鉄筋コンクリート」とはコンクリートに補強材として鉄芯を埋め込んだものです。

ホームセンターで購入できるインスタント版は既に混ぜられていますが、一般的にモルタルはセメント1に対して砂が3の割合で混ぜ合せられています。コンクリートの場合はセメント1に対して砂が3、砂利が6の割合になります
 ↑
コンクリートに強度が欲しい場合はセメント1に対して砂を2、砂利を4の割合で混合

コンクリートはブロック積みの基礎、駐車場の床、その他テラスや何やらと色々な場所で使用されています。モルタルは一般的にレンガやブロックを積むときの接合剤だったり、コンクリート面の仕上げ材として使用されます。

【コンクリートを使うときの道具】
● 角形スコップまたは練グワ
● トロ舟または合板
● コテ
● (枠作り用)板・杭
● (枠作り用)カナヅチ・クギ
● (養生用)シートや段ボール

使用した道具はコンクリートが乾く前にバケツなどに汲んだ水で洗い、コンクリートが混じったバケツの水は庭の片隅などに掘った穴に捨てましょう。

コンクリートは水で固まる性質があるので、コンクリートを排水口に流してはいけません(排水管が詰まる原因になる)。

使用した角形スコップやコテなど金属はセメントの成分によって錆びてしまいます(錆びにくい塗装がしてあっても混ぜる等すると塗装が剥げてしまいます)。洗って乾かした後は防錆剤を塗っておきましょう。


コンクリートの使い方

インスタントのコンクリートは水で混ぜれば直ぐに使えます。まずはコンクリートを準備する前に、厚さ15mm程度の板を使って木枠を作ります。

枠の角はカナヅチと釘を使って留めます(後でばらしやすいように釘の頭を出しておくと楽)。次に流し込んだコンクリートの圧力で枠が歪まない様に、枠の外側に適当な間隔で杭を打ちます。

木枠を使わずに見切りにレンガやブロックを利用して枠の代わりにすることもできます。

枠の内側に砕石を敷き詰めます。太めの角材があればそれで突いて平らに均しますが、踏みつけて固めることも可能です。この固めが弱いと、コンクリートの割れや歪みの原因になります。

流し込むセメントは木枠の場合はやや柔らかめに、レンガやブロックによる見切りの場合は普通もしくはやや硬めに練ります。コンクリートを流しこんだら、板やコテを使って平らに均します。

コンクリートの表面を出来るだけ平らにしたい場合は水で濡らしたホーキを使用し平らになでつけると良いでしょう。枠の外側を木槌で叩くと隅々までコンクリートがいき渡ります。

急激な乾燥は割れの原因になるので、コンクリートを打設した後はシートや段ボールで養生します(4~5日間放置)。

木枠を外したら完成です。板がコンクリートにくっついていますが、木片などを板にあてて軽く叩けば簡単にコンクリートから剥がせます。

表面をモルタル仕上げにしたい場合はコンクリート表面に水を打ち、モルタルを塗ります(セメントが隠れる程度の下塗り)。乾いたら1回目より厚めに塗ります
  ↑
水はけを良くするためには2回目のときに勾配を付けると良い

滑り止めやコテ筋隠しのためにざらついた感じに仕上げたい場合は、モルタル表面の水が引き始めた頃に水をつけたホーキで表面をなでつけると良いでしょう(目安時間はモルタルを塗ってから約15分後)。

スポンサードリンク

takka

シェアする

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください