クレジットカードのショッピング枠を現金化する

WEBライターの仕事で”クレジットカードのショッピング枠を現金化する方法”のまとめ記事を書きました。

結論を先に言うと、かなりリスクの高い危ない橋(できるならお世話にならない方が良い方法)だと感じました「リスクに重点をおいてまとめて欲しい」という要望がなければ引き受けなかった内容ですね

それでも得た知識のひとつではあるので紹介しようと思います。重ねて言いますが正直オススメしません(かなりリスクが高いです)。

広告

方法①現金化業者を利用する

現金化業者を利用すると手早く現金化できますが、手数料などで還元率が8割以下(実際はよくて7割)となっています。但し、現金化業者には悪徳業者もあるので注意が必要です。

現金化業者の現金化の方法は「キャッシュバック方式」と「買い取り方式」があり、主流はキャッシュバック方式です。

キャッシュバック方式のカラクリは”クレジットカードで8万円のキャッシュバック特典の付いている10万円の商品を買う”(例)です。「うーん」と思う内容でも商取引の形態は整っているので違法ではありません

カード会社の規約には「現金化目的の利用禁止」とありますが、現金化業者とカード会社の間に決済代行業者が入るため現金化目的の利用が露見する可能性は低いです。
  ↑
クレジットカードが利用停止になるリスクは低い(悪徳業者にひっかかるという別のリスクはある

方法②転売して現金を稼ぐ

クレジットカードで換金率の高いもの(ブランド品やゲーム機など)を買って自分で転売する方法です。上手くやれば現金化業者を通すよりも高い還元率が見込める方法ですが手間がかかります
  ↑
メルカリとかを転売(現金化目的)で利用している人も多いと思いますメルカリについては「」、フリマアプリの上手な利用法については「 」を読んでください。

但しこれは”上手くやれば”成功する方法で、クレジットカードが利用停止になるリスクもあります(カード会社の規約には「現金化目的の利用禁止」があるため)。

方法③返品して現金を得る

クレジットカードで購入した商品を翌日以降返品すると現金で払い戻されます。翌日以降となるのはカードの利用データがカード会社側に届いていなければいけないからです(データが行く前は店でキャンセル手続きができ現金での払い戻しはない)。

この方法だと還元率は100%と高いが、返品する理由を作らなければならず、更に多用することはできません(高額商品の購入が続くとカード会社に現金化を疑われるため)。
   ↑
クレジットカードが利用停止になるリスクもあります

まとめ

クレジットカードのショッピング枠を現金化する方法を3つ紹介しましたが、どれもリスクが0ではありません(クレジットカード会社の利用規約を破る利用方法なのでリスクがあって当たり前です)。
  ↑
”ショッピング枠の現金化”と言っても借金を背負うことと同じです。決して簡単な気持ちで利用しないようにしましょう。

スポンサードリンク

0

takka

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。