ウタマロ石けんがオススメ!トレーニングパンツの上手な洗濯方法

我が家は2番目のいるからとトレーニングパンツ(トレパン)を大量に用意しました。

トレパンのお下がりについては「信じられない!」「母親失格!」「ケチすぎる!」という意見もありますが、私としては姉妹だし、未だ小さいからお下がりでも気にしないから良いと思っています。

トレパンは毎回丁寧に、きれいに洗っています。今回はトレパンの洗い方についてまとめました。

余談ですが、一子はAmazonで購入した6層パンツはゴモゴモして嫌がります(乾きにくいので私も不便にしています)。6層パンツならば西松屋等の防水層と吸水層を別にして干せる吊り式のものがオススメです。

[amazon_link asins=’B07781M566′ template=’new’ store=’tuduri-22′ marketplace=’JP’ link_id=’094d0695-b7fa-11e8-8645-73283cbcba7d’]

トレーニング開始前に洗濯石けんを準備

おしっこやウンチの汚れはできるだけ早く落とすことが大切です。

毎回洗濯機を回すのは不経済なので、トイレトレーニングを開始するときには洗濯石けんを準備しておいて、パンツが汚れたら取り急ぎ洗濯石けんで洗っておくことをおすすめします。

洗濯石けんは”ウタマロ石けん”がおすすめです。

ウタマロ石けんで洗った後にバケツに浸け置きし、何枚か溜まったらまとめて洗濯機で洗う方法がおすすめです。

”あったら便利”な洗濯グッズ

  • バケツまたは洗面器(つけ置き用)
  • 歯ブラシ(使用済みで良い)
  • 洗濯板
  • 洗濯用石けん
  • クエン酸

浸け置きするために専用のバケツがあると便利です。直ぐに洗って浸け置きすれば、歯ブラシや洗濯板で強く洗って衣類をあまり傷めません。

クエン酸には抗菌効果があります。ウタマロ石けんは消臭・抗菌効果があるのでクエン酸がなくてもしっかり臭いが消えます。

おしっこで汚れた場合の洗濯方法

バケツや洗面器に37~40℃のぬるま湯を入れて、酸性の洗濯用洗剤を少し入れて浸け置きすると良いです。浸け置き時間の目安は1~2時間です(色落ちする衣類もあるので、水に色がついたら要注意)。

外出先で洗剤がない場合でも、水で洗うだけである程度の汚れは落ちます。

固形のウタマロ石けんは部分洗いに適しているので、おしっこでパンツ全体が汚れたしまった場合などは液体のウタマロ石けんに浸け置きがおすすめです(消臭、漂白効果あり)。

[amazon_link asins=’B0088B5GLQ’ template=’new’ store=’tuduri-22′ marketplace=’JP’ link_id=’4b0cea0c-b7f8-11e8-8bbd-8591b6046e91′]

臭いが気になる場合はクエン酸を入れる

逆に、直ぐに洗わずに放置すると菌が繁殖して臭いが強くなってしまいます。臭いがきつくなった場合はバケツや洗面器に37~40℃のぬるま湯を入れて、酸性の洗濯用洗剤とクエン酸を入れて浸け置きします(1~2時間が目安)。

クエン酸は500mlの水に対して大さじ1杯が目安です。但し、クエン酸は金属を錆びさせるので樹脂製(プラスチック製)のバケツや洗面器を使うと良いです。

[amazon_link asins=’B07B4WQ6K4′ template=’new’ store=’tuduri-22′ marketplace=’JP’ link_id=’6024b174-b7f8-11e8-9b54-35a09da722dc’]

シミが気になる場合は酸素系漂白剤を入れる

シミが気になる場合はバケツや洗面器に37~40℃のぬるま湯を入れて、酸性の洗濯用洗剤と酸素系漂白剤を入れて浸け置きします(常温の水になったら終わり)。”塩素系”漂白剤を使ってしまうと色落ちするので気を付けましょう。

その後、洗濯機で洗う場合は漂白剤が入った洗濯液ごと洗濯機に流し入れて洗います。

[amazon_link asins=’B001TIEPOY’ template=’new’ store=’tuduri-22′ marketplace=’JP’ link_id=’793615c0-b7f8-11e8-9575-cf46a8e405e2′]

ウンチで汚れた場合の洗濯方法

ウンチはトイレに流したあと、40℃以下の温水または水で手洗いします。50℃以上の湯で洗うと、ウンチのタンパク質が変質して汚れが落ちにくくなってしまいます。

繊維の奥まで入ってしまった場合は手で揉んだだけでは落ちにくいので、洗濯板や歯ブラシを使うと良いです。

ウタマロ石けんは水で溶けやすいので、ウンチ汚れのついた部分を水でしっかり濡らしてウタマロ石けんを擦り付けます。石けんの緑色がつくまで擦り付け、白い泡になるまで揉み洗いします。

子どもの衣類の洗濯にはウタマロ石けんが便利

ベビーソープも良いと言いますが、評判が良いのはウタマロ石鹸です(ウタマロ石鹸はオーガニック系の石鹸ではありません)。

靴下や靴の汚れ落としにも使用できます。上履き(バレーシューズ)をウタマロ石けんで洗うと真っ白になります。ウタマロ石けんはリキッドタイプもありますが、断然固形がおすすめです(Amazonのウタマロ石けんは格安です)。
[amazon_link asins=’B0765XX3RV’ template=’new’ store=’tuduri-22′ marketplace=’JP’ link_id=’09d996f9-b7f7-11e8-96ff-7d2f5e90cd34′]

シミや汚れが残ってしまったら?

直ぐに洗えばウンチ汚れのシミは大体落ちますが、薄っすら黄色く残ってしまうこともあります。

衛生的には浸け置きをし終えた時点で問題はありませんが、シミが気になる場合はパンツをひっくり返して内側を外にしてシミに太陽光が当たるように干します。生地は少々傷みますが、ウンチの色素であるビリルビンは紫外線で分解されます。

ウイルス性胃腸炎等による下痢の場合

まず、二次感染を防ぐために使い捨てのゴム手袋とマスクをします(できればこの間は使い捨てできるオムツを使用した方が安心です)。

ノロウイルスやロタウイルスなど感染力の強いウイルスの場合は「次亜塩素酸ナトリウム」が入っている塩素系漂白剤を使います。石けんや消毒用アルコールでは十分に殺菌できません。

[amazon_link asins=’B0058G7DRY’ template=’new’ store=’tuduri-22′ marketplace=’JP’ link_id=’94c0dd19-b7f8-11e8-b582-d7e807248f64′]

塩素系漂白剤は100倍に薄めて5~10分浸けるようにします(長時間浸けると脱色してしまいます)。

色落ちが気になる場合は85℃以上の熱湯に2分程度浸すでも効果あります。消毒したものは他の洗濯物と一緒に洗濯機で洗えますが、他の洗濯物とは別に洗った方が安全です。

塩素系漂白剤は100倍に薄める方法

500mlのペットボトルに入れた水に、ペットボトルのキャップ1杯分(約5ml)の塩素系漂白剤を使うと簡単に100倍に薄めた塩素系漂白剤が作れます。

誤飲を防ぐために一度で使い切る、余った場合は必ずすぐに捨てるようにしましょう

スポンサードリンク



0

takka

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。