母乳育児派のネット掲示板のコメントが怖い

先日無事に第2子を出産し、めでたく“二児の母”となりました。
第二子誕生
出産は”その場になってみないととわからない”ことを痛感しました

一応1人目の出産経験をもとに出産計画を練る形になりましたが、実際に産んでみると計算上では2600~2700g程度だった子どもが約3100gで生まれました。

またへその緒も通常ならば1mほどあるのですが、第2子はへその緒がその半分程度しかなく(その分太かったようですが)、さらにそのへその緒が首に絡まっていて下りてきにくかったです。
  ↑
首が閉まって一時心拍が弱まることも(助産師さんの判断で陣痛促進剤の滴下スピードを落とし、深呼吸して酸素を送ることで通常に戻る)

産道は柔らかいということから経験豊かな医師と助産師は破水させることを決定し、メチャクチャ痛かったですが無事に出産することができました

生まれたばかりの赤ちゃんは消化器官内の羊水をなくすため、出産後12時間以上何も飲ませないのが一般的のようです(産院によって方針や時間は異ります)。

…が

出産後2時間ほど経った辺りから口をチュパチュパ動かしミルクをねだる我が子看護師さんの同情を誘い、「せめて8時間は我慢しよう」と妥協案で決着をつけることに。

産院によっては生まれて直ぐの赤ちゃんにお母さんの乳首を吸わせることもあるそうです。
  ↑
これは母乳育児の一環で、母乳出る・出ないは関係なく乳首を吸わせることが大事

・赤ちゃんに吸うことを教える
・母乳の分泌を促す(活性化させる)

さて、赤ちゃんを母乳で育てるか、ミルクで育てるかについて私は拘らないタイプです。
  ↑
まずは母乳をあげて(乳が張るから)、大体足りないのでミルク追加

でもネット掲示板を見ると完全母乳がいいと思い、痛みに耐えたり、母乳が出ない自分は駄目だと自己嫌悪に陥ったり。完全母乳育児推奨産院での入院生活はつらかった(授乳しないと怒られる)などの投稿もあり、泣きながら母乳をあげる人も多いようです。

…ここまでいくと“信仰”です。背筋がゾゾッとしました。

そういえば7ヶ月の赤ちゃんを市議会に参加させようとした女性市議も完全母乳派で「母乳をあげるから保育園に預けられない」と主張していました。

市議もやりたい、完全母乳育児も遂行したい、だから託児所作ってはワガママですよ。

そして母乳が出ないなら出ない。母親の『どうしたい』より赤ちゃんの健康が第一です、状況に気持ちを合わせましょうよ。

「ミルクに頼ってもええじゃないか」

出産から約10時間後に美味しそうに初ミルクを飲む我が子を見ながら声を大にして主張したいです。

【了】

広告

0

takka

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。