騒音トラブルになりやすいシャッターの音

大工さんがコツコツと作業を進めるのと並行して外壁屋さんが外壁材を取り付け始めました。外壁はセラミック素材なので、石きり作業は少々賑やかです。工事中の騒音については事前に建築会社さんが近隣住宅にその旨のご挨拶をしてくれています。

さて現在建築中のマイホームには3畳サイズの土間収納があります。スキー道具やキャンプ用品などアウトドアで使用するものをここに収納する予定です。外に通じる間口は広く開閉したかったのでシャッターを取り付けました。シャッターの開閉音は近所との騒音トラブルとして意外に多いものです。今日は騒音について調べてみました。
土間収納のシャッター
玄関扉の隣についたシャッター(色はシャイングレー) photo by tuduri

広告

小見出し

「もう夜おそいから静かにしてね」と小さな子どもをもつ人の多くがそう言った経験があるでしょう。アパート住まいの我が家でも常套句となっています。

昔は”常識”というと多くの人が同じ認識を持つ共有認識でしたが、今では”常識”は認識が幅広く共通認識とは言い切れません。自分にとって”常識の範囲内”と思っても他人には許せないことの可能性があります。こんなとき照らし合わせたいのが”法律”です。

騒音基準は環境省の政策

環境基準とは”人の健康の保護及び生活環境の保全のうえで維持されることが望ましい基準です。騒音については環境基本法(第16条第1項)で規定されています。維持されるべき騒音レベルは4つの指定地区(AA、A、B、C)で異なります。”どの地区をどの指定地区にするか”は都道府県知事(市の区域内の地域については市長)に決定権があります。

一般的な指定方法
AA … 静穏が必要な地域(療養施設、社会福祉施設等が集合している地域)
A  … 住居専用で提供される地域
B  … 住居用に提供される地域
C  … 住居だけでなく、商業や工業等の用途にも提供される地域

地域 昼間の基準値
6:00~22:00
夜間の基準値
22:00~翌6:00
AA
50dB以下
40dB以下
A
55dB以下
2車線以上の道路に面する場合
60dB以下
45dB以下
2車線以上の道路に面する場合
55dB以下
B
55dB以下
2車線以上の道路に面する場合
65dB以下
45dB以下
2車線以上の道路に面する場合
60dB以下
C
60dB以下
車線のある道路に面する場合
65dB以下
50dB以下
車線のある道路に面する場合
60dB以下

幹線道路、線路、空港など音が出る施設の傍にある地域については別途で定められています(参考:騒音に関する総合目次/環境省)。

シャッターの開閉音は60dB以下が一般的

シャッターの開閉音は60dB以下なので、昼間の時間帯(6:00~22:00)ならば騒音にはなりません(窓などで遮音されると45dB以下になる)。但し、シャッターが古くなって軋む音がするなど製品の本来の性能が阻害されている場合は騒音となる可能性もあります。

一般家庭が発する音の大きさ

騒音レベル 音の大きさの目安
(騒音発生源からの距離)
110dB 自動車のクラクション(2m)
90dB 犬の鳴き声(5m)
80dB ピアノの音(1m)・布団たたき(1.5m)
60dB 掃除機(1m)・トイレの洗浄音(1m)・アイドリング(2m)
50dB エアコンの室外機

マンションやアパートなど集合住宅に住んでいる場合は他人の居住空間と接しており建材(柱や壁)が音を伝達させてしまうことを意識して音に注意した生活する必要があります。

騒音トラブル(相談)で”シャッターの開閉音”を調べると「寝ているところを起こされる」というのがとても多いのです。しかし「寝る時間」、「夜遅く」、「朝早く」というのは各家庭によって違いがあり、相談のほとんども環境規定に照らし合わせると”常識の範囲内”となっています。しかし「常識の範囲内だから近隣トラブルにならない」というわけではありません。そこは近所との付き合い方次第です。

外壁が”ほとんど気にならない”レベルの音にする

外壁
モダンスリットのシルクホワイト/KMEW photo by tuduri

我が家の外壁(サイディング)はKMEW社の製品にしました。KMEWの外壁材は250~1,000Hzの音域の音を遮音します。外からの音を通さないと同時に室内の音を外に漏らさないため近隣との騒音トラブルを未然に防ぐことができます。

遮音性は「音響透過損失(dB)」で表現されます。外から入ってきた音の大きさ(dB)と中で聞こえる音の大きさ(dB)の差になります。音響透過損失は製品とその厚みによって異なりますが、KMEWの製品は29~34dBの音響透過損失があります。

音響透過損失が30dBの場合、シャッターの開閉音が60dBでも家の中で聞こえる音は30dBとほとんど気にならないレベルにすることができます(構成材や開口部の仕様で遮音性は変化する)。

【関連記事】
▽ 家づくりのまとめ記事
  

スポンサードリンク

0
アバター

takka

シェアする

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください