群馬・埼玉で家を作るならソーフィールドホームに行ってみて

土地の引き渡し日の目処が立ち、何となく引っ越しを意識し始めました。夫の転職により引っ越してきた地であり、未だ2年も暮らしていないのですが子育てだったり家づくりだったりで地域の人たちとの交流は今まで以上にあったような気がします。

人との出会いは一期一会なのですが、中には一生の付き合いになる人もいます。会社の同期として知り合った「変わった人だな」と感じた人との付き合いが今では10年越えだったりと出会いや縁の不思議さを実感します。

ここで暮らして多くの人と出会った中で「出会えて良かった」と思える人が何人かいます。その中の1人を紹介したいと思います。彼は工務店の営業さんです。

【店舗情報】
ソーフィールドホーム 高崎ショールーム
〒370-3517 群馬県高崎市引間町92-1
TEL: 027-38-6262/0120-01-6335
営業時間 10:00~19:00(火・水定休)
公式サイト: http://www.saw-field.com/top.html

住まいの解剖図鑑
増田 奏
エクスナレッジ
2009-11-20

娘も合格を出した親切な営業さん

IMAG1239_ソーフィールドホーム(1)
ソーフィールドホーム 高崎ショールーム(撮影:綴)

家を作ろうと考えて工務店選びをし始めると近隣にある工務店の多さにビックリします。どれから選んでいいのか解からず少々ゲンナリもするほどです。こんなときは第一印象で決めるしかありません。

お店を訪れたキッカケはショールームのデザインでした。納屋を改造(リフォーム)したというショールームは欧風のナチュラルスタイルです。「イギリスの片田舎にありそう!」という感じです。

これは私の持論なのですが「こういう家を作りたい」という願いはどこの工務店でも叶えられると思っています。決め手は細かいニュアンス(色やデザイン)が通じるかどうかだと思っています。「柔かい雰囲気の部屋を作りたい」と言ってパステルカラーの部屋をイメージされたら「違うよ~--;」とジレンマに陥ってしまいそうです。

そういう意味で作りたい雰囲気に合うショールームを有している工務店を見ると「これだ!」と思います。思い立ったら吉日なので、即アポを取ってショールームを訪れました。因みに少々道に迷いやすいところにショールームがあり、私はレストランだと思い込んで2回その前をスルーしました。

幅がある建物の中は3つのデザインに分かれ、無垢な木で可愛らしい雰囲気に仕上げられた空間、大人っぽくモダンに仕上げられた空間、子どもが遊べるキッズ向けの空間(キッズスーペース)です。

ソーフィールドホーム(3)
可愛らしく仕上げられた空間(画像提供:ソーフィールドホーム)

娘はキッズ向けの空間で思い切り遊んでいました。天井が子ども向けで低くて大人に入りづらく、だからこそ子どもにとっては格好の隠れ家という雰囲気なのです。子どもは適当に遊んでくれているので安心で、窓から見える青々として芝生を見るとホッとできます。

担当してくれた営業さんはよく人の話を聞いてくれる人で、家づくりについて何も知らない私に丁寧に1つ1つ丁寧に説明してくれました。家づくりは一種の交渉であり、全ての手札を一気に切るのは得策ではありません。しかし彼は聴き上手でついカードを全て暴露してしまいそうになりました。今後のためにあの雰囲気はぜひ身に付けたいと思います。

「営業スマイル効果なんじゃないの?」と思うでしょうが、いまの私には営業スマイルチェッカーが常に傍にいます。娘です。営業スマイルは大人ならば「そういうもんだよね」と受け入れますが、子どもはそうはいきません。娘は営業的な似非スマイルで近寄る大人に対して泣きます。娘が泣いたら「では~☆」といって立ち去るようにしています。

娘がキッズスペースに気を引かれていた可能性は少々ありますが、「この営業さんは親切」と私は解釈しています。結構無理難題にも答えてくれました。家づくりを考えている人は一度行ってみませんか?

未だに行けない人気店、Cafe Living Le Bois

IMAG1241_ソーフィールドホーム(2)
ソーフィールドホーム 高崎ショールーム(撮影:綴)

いつも打ち合わせをお昼に設定し併設されたカフェに寄ろうと思うのですが、人気でなかなか行けないお店がCafe Living Le Bois(ル・ボア)です。高崎市の外れにあるのに客の入りが良いお店です。

未だ行けていないので美味しいかどうかは解かりませんが、看板に描かれたメニューにはいつも心を惹かれました。妊婦さん向けの食べ物・飲み物もあるようなので妊婦さんはもちろん、健康志向の人にも嬉しいメニューがそろっていそうでした。

Cafe Living Le Boisの3つのおススメ
 ● 建築会社ならではのこだわりの空間とインテリア
 ● 地元・群馬県産の食材を多く使用
 ● トイレに多目的ルームが併設されているので子連れでも安心

【店舗情報】
Cafe Living Le Bois
〒370-3517 群馬県高崎市引間町92-1
TEL: 027-38-6262/0120-01-6335
営業時間 11:00~15:00/18:00~23:00(水曜定休)

【出典】
Cafe Living Le Bois(ル・ボア) (HOT PEPPERグルメ)
http://www.hotpepper.jp/strJ001125306/

スポンサードリンク

takka

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。