登記事項証明書交付のオンライン申請に挑戦

確定申告(住宅ローン減税)、不動産取得税の軽減申請など土地や建物の登記事項証明書を取得する機会が増えたので”登記・供託オンライン申請システム”を利用して申請してみました。政府や自治体の電子サービス(特にオンライン〇〇)は使いにくいものが多いですが、登記・供託オンライン申請システムも利用しにくいです。

オンライン申請がおすすめの人
● 法務局・出張所・サービスセンターの窓口に行けない
● 主要金融機関のオンラインバンキングを利用している
● Pay-easy(ペイジー)をよく利用している

オンライン申請は窓口に行く手間や時間が不要であり、交付手数料も割安なので”便利”ではあります。しかし交付手数料を支払う手段が限られており、書類を窓口で受け取る場合は納付手続き終了後のパソコン画面の印刷が必要な点はとても”不便”です(今回は郵便局のATMでペイジーを使って手数料を支払いました)。

広告

司法書士に依頼するならオンライン申請に挑戦を

不動産や会社などの資産をもつと確定申告・売買・相続などで登記事項証明書が必要なことが多くあります。法務局・出張所・サービスセンターの窓口に行ける人は問題はありませんが、時間・距離・交通手段の問題で窓口に行けない人も多くいます。

窓口に行けない場合は”登記・供託オンラインシステム”を使ってはいかがでしょうか。登録や交付手数料の支払いなど面倒な点もありますが、司法書士等に依頼するよりも費用を安く抑えることができます(司法書士等へ依頼すると高額な報酬が必要)。

【目次】
● 登記・供託オンライン申請システムとは?
● まずは申請者IDとパスワードを登録
● 登記事項証明書の請求・手数料の支払い

登記・供託オンライン申請システムとは?

”登記・供託オンライン申請システム”では登記事項証明書の交付をネットで申請・請求できます。このシステムを利用することで法務局・出張所・サービスセンターの窓口に行かずに自宅やオフィスで申請・取得ができるようになりました。

オンライン申請システムのメリット
● 自宅やオフィスからオンラインで申請・請求可能
● 公文書をオンラインで取得可能
● 書面での申請・請求よりも手数料が安い

登記・供託オンライン申請システムの利用時間は月曜日から金曜日までの8:30~21:00(国民の祝日・休日および12月29日~1月3日までの年末年始を除く)となっています。窓口の業務取扱時間は月曜日から金曜日までの8:30~17:15となっています。

交付手数料の支払いは主要金融機関のオンラインバンキングかペイジーで支払います。手数料の支払いには期限があるので注意しましょう。

まずは申請者IDとパスワードを登録

オンライン申請システムには「かんたん証明書請求」と「申請用総合ソフト」の2種類がありますが、継続性のない一時的利用者の場合は専用アプリのインストールが不要な「かんたん証明書請求」が便利です。

「かんたん証明書請求」を利用するには申請者IDとパスワードの登録が必要です。登録は「かんたん証明書請求」のログイン画面からできます(右下に小さく「申請者IDをお持ちでない場合」があるのでここをクリック)。

登記・供託オンライン申請システム(公式サイト)「かんたん証明書請求」ログイン画面申請者IDの登録(利用規約に同意した後に移行)

申請者IDやパスワードは利用者の任意設定です。申請者IDは半角英数字11文字以内(大文字・小文字区別)で、先に登録されているIDは利用できません。パスワードは半角英数字および記号を混在させて8文字以上20文字以内となっています。パスワードを忘れたときのために「質問」と「答え」が用意されています。

仮登録が終了すると入力したメールアドレスに認証情報が届きます。メールが届いてから30分以内に登録画面に認証情報を入力すると本登録が完了します。

登記事項証明書の請求・手数料の支払い

登記事項証明書または地図・図面証明書の交付を申請するために必要な情報を入力します。所在地は住所と思われがちですが、住居表示実施地区の場合は住所は住居番号です。所在地は地番を記入する必要があるので、土地の売買契約書などで地番を確認しておきましょう(住居表示実施地区に関する記事:)。

証明書の受取方法は「郵送」と「窓口受取」の2つから選択できます。郵送(普通郵便)の場合の交付手数料は500円、窓口受取の場合は480円になります(書面申請の場合は600円)。書留・簡易書留・速達を希望する場合は交付手数料に実費が加算されます(普通郵便の場合は送料込みで500円)。

必要事項を入力し情報を送信すると処理状況は送信した情報の処理状況はログイン後のトップページにある「処理状況照会」で確認できます。システムに送信情報が到達すると「到達通知」、手数料の詳細に関する「お知らせ」そして「納付」となっています。

手数料の支払いは処理状況照会の「納付」ボタンをクリックして行います。支払いは対応している金融機関のオンラインバンキングかペイジーを利用できます。ペイジーの場合は所定の金融機関に口座がなくても利用することができます(ペイジーの使い方はPay-easy(ペイジー)公式サイトで確認)。

ATMでペイジーが使える金融機関
● みずほ銀行
● 東京三菱UFJ銀行
● 三井住友銀行
● りそな銀行
● 埼玉りそな銀行
● 荘内銀行
● 七十七銀行
● 群馬銀行
● 足利銀行
● 千葉銀行
● 横浜銀行
● 近畿大阪銀行
● 南都銀行
● 広島銀行
● 福岡銀行
● 親和銀行
● 東和銀行
● 京葉銀行
● 熊本銀行
● ゆうちょ銀行 以上、20金融機関(2017年4月現在)

郵送の場合は手数料を納付して終了ですが、窓口受け取りの場合は処理状況照会の「納付状況」が”納付済み”になったら、「納付」ボタンをクリックして表示された画面をブラウザ機能を利用して印刷します。プリンターがない場合は画面に表示されている「氏名」「住所」「通数」「申請番号」をメモして窓口に提出します。

【関連記事】
(September 15, 2016)
(December 11, 2016)
(February 04, 2017)
(February 07, 2017)

スポンサードリンク

0
アバター

takka

シェアする

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください