公的年金マジック!200万円多く納めても受給はプラス7万円?

私と旦那のねんきん定期便を見比べていたら旦那の方が200万円多く保険料を納めているのに、受給額は年7万円しか差がありませんでした。200万円分将来返ってくるわけじゃないことを痛感しました。

所得の多い厚生年金加入者の負担が大きい

日本の年金制度は<所得の多い厚生年金加入者に負担が大きい制度>となっています。所得に関係なく一律に徴収される国民年金保険料と、受給される老齢基礎年金のせいです。

まず、国民年金保険料を支払うのは20歳以上の日本国民の義務となっています。厚生年金保険料の中に国民年金保険料が含まれているので、厚生年金加入者も国民年金保険料を払っていることになります。

平成30年度の国民年金保険料と老齢基礎年金は次のようになっています(ひと月分)。

  • 国民年金保険料 16,340円
  • 老齢基礎年金(30年加入した場合) 48,700円

厚生年金加入者の場合、上の保険料と年金に加算する形になります。今回は給料が20万円の人と60万円の人で比較していきます。一例ですが厚生年金保険料は次のようになります(※半額を会社が負担するので自己負担額は下記の半分)。

  • 給料20万円の場合 36,600円
  • 給料60万円の場合 91,500円(+54,900円)

厚生年金(平均報酬額×5.769/1000×加入期間)は次のようになります(加入期間30年)。

  • 給料20万円の年金 83,308円(厚生年金34,608円+老齢基礎年金48,700円(一律))
  • 給料60万円の年金 135,233円(厚生年金86,533円+老齢基礎年金48,700円(一律))

支払った保険料は給料60万円の人は給料20万円の人の2.5倍ですが、もらえる年金は1.6倍です。

国民年金保険料を加味するとさらに損

国民年金保険料には納める義務があるので、会社員は余分に納めていることになります。もちろんその分多く年金はもらえているのですが余分に納めている分について検証してみましょう。

  • 平成30年度の国民年金保険料 16,340円
  • 平成30年度の老齢基礎年金(30年加入した場合) 48,700円

厚生年金保険料は給料20万円の場合は36,600円、給料60万円の場合は91.500円です。ここから義務の国民年金保険料を引くと次のようになります(純粋な厚生年金保険料ともいえる)。

  • 給料20万円の厚生年金保険料 20,260円
  • 給料60万円の厚生年金保険料 75,160円(+3.7倍)

もらえる年金は前項で説明した通り1.6倍の差なので、高給取りの方が保険料をかなり多く納めているといえます。

やっぱり会社員がいいということになる

保険料の半分をもってくれる会社の存在は大きいです。国民年金にのみ加入している人は次の保険料で、次の老齢基礎年金をもらうことになります。

  • 平成30年度の国民年金保険料 16,340円
  • 平成30年度の老齢基礎年金 48,700円(30年加入した場合)

厚生年金加入者の場合、給料が20万円の人と50万円の人では厚生年金保険料は次のようになります。会社が半分もつので自分が払う保険料は次のようになります。

  • 給料20万円の場合 18,300円(国民年金のみに比べて+1,960円)
  • 給料60万円の場合 45,750円(国民年金のみに比べて+29,410円)

そしてもらえる年金は次のようになります(加入期間30年)。

  • 給料20万円の年金 83,308円(国民年金のみに比べて+34,608円)
  • 給料60万円の年金 135,233円(国民年金のみに比べて+86,533円)

会社員であるだけで、負担が多少増えても給料60万円の人は約3倍の、給料20万円の人にいたっては約17倍の増額効果があります。

旦那は私より28年長生きする?

旦那は会社員になっていからずっと厚生年金に加入しています(全期間保険料を納付)。一方で私は約2年の育休・産休の特例期間(この期間の保険料納付は免除)があります。

会社員時代の給与・賞与も違います。私たちの”厚生年金保険料(被保険者負担額)”を比較すると約200万円の差がありました。しかし、加入実績に応じた年金額(年額)にして老齢厚生年金から支給される年金額(年額)だけを比較するとその差は約7万円です。

月に換算したら200万円の効果は+6,000円の効果でしかなく…。

多く納めた分を旦那が受け取ろうとしたら、旦那は私よりも28年長く生きなくてはいけません。同じ歳なので、私が70歳まで生きたら旦那は98歳までがんばらなくてはいけません。

ザ・年金マジック!!

広告

0

takka

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。