幼稚園と保育園の違いは?

私たちが暮らしている市にはいくつか幼稚園があり、9月~10月には各幼稚園で入園説明会が実施されます。

一子も3歳になったので「そろそろ幼稚園のことを考えないとね」と重い腰を上げることにしました。恐らく二子もそこに通うことになるので「2人のためにしっかりチェックしないとね」と夫婦で話し合っています(「親って大変だよね」と愚痴りながらでも)。

今回は幼稚園と保育園の違いと、幼稚園説明会について調べてみました(幼稚園説明会に参加した感想等は後日報告します)。

広告

 

幼稚園と保育園の違い

保育園は0歳から利用できる”児童福祉施設”で、幼稚園は3歳から利用できる”教育施設”です。どちらも小学校入学まで利用できます。3歳以上ならば保育園でも幼稚園でも選べるということになります(保育園から幼稚園への転園も可能)。

「幼稚園ならば勉強を教えてくれる」と言う人もいますが、最近では保育園でも勉強をしっかりしたり、幼稚園でもしっかり遊んでお昼寝をする園があります(勉強面のサポートはあまり変わらない。園の雰囲気・方針次第)。

最近は次の2つに重点をおいて保育園と幼稚園を選ぶことが多いようです。

保護者の就業状況

保育園の標準保育時間は8時間(7:30~18:00が標準的な保育時間)、一方で幼稚園の標準保育時間は4時間(9:00~14:00が標準的な保育時間)です。

働いているママは保育園の方が便利と言うケースが多いです(最近では幼稚園でも延長保育がある園が増えています)。

保育料

保育園の保育料は所得状況に応じて決まるため子ども(家庭)によって異なります(子どもによってかなりの差がある)。一方で幼稚園の保育料は一律です(私立は園で設定、公立は自治体で設定が一般的)。

幼稚園の費用の方が高いとは限りません。所得(正確には課税される所得)によって違います。費用に関しては役場の窓口で問い合わせることができます。

参考資料:表で比べる! 幼稚園と保育園の違いはココ!(ベネッセ教育情報サイト)

入園説明会の情報を集める

幼稚園の入園説明会の情報は市の広報などで公開されます(8~10月の間が多い)。すでに幼稚園を決めている場合は4月に幼稚園に直接聞いた方が良いです(説明会を4月に実施する園もあるため)。

説明会は1時間~3時間になります。園内の見学、教育方針の説明等がありますが、多くの場合は費用の説明がメインになります(現実的でありがたい)。

子どもを一緒に連れていく場合は事前に幼稚園に確認しましょう。場合によっては拒否されることもあるようです(後日別の日程で実施されることもあります)。子連れで行く場合は子どもを飽きさせないための工夫もしておいた方が良いそうです。

また車で行く場合はホームページや直接園に問い合わせて駐車場の有無・その位置を確認しましょう。

幼稚園説明会に行く前に公立幼稚園もしくは自治体が保育料を設定する私立幼稚園の保険料を役場で確認してみましょう。この保育料は所得に応じた保育料なので、私立幼稚園の保育料が高いのか安いのか判断できます。

課税所得が分かっている場合は情報が自治体のホームページで公開されていることがあります。また課税所得は市内の私立保育園に通わせる場合の奨励金(保育料の一部返金)の計算にも役に立ちます。

保育料は需要と供給次第だと実感

最初に保育園情報を集めたときは100万人都市(「A市」とする)に住んでいたので、1ヶ月の保育料(上限)が約8万円でした(保育園、1歳児の保育料です)。今住んでいる都市はその10分の1以下の規模の都市(「B市」とする)で、同条件の保育料(上限)が約2.5万円でした。

A市の場合は産む前から保活が必要でした。A市で暮らす友人は0歳児のときは不認可保育所に預け、1歳のときに認可保育所に転園しました(「条件が厳しかった」と言っていました)。

一方でB市には不認可保育所はなく、認可保育所で入園希望者全てをまかなえています(数人分の空きさえある状況)。需要(入園希望者)と供給(保育園の数)の好バランスだといえます。

つまり1ヶ月の保育料は上限2万円くらいが相場じゃないんでしょうか…A市は需要が多いから保育料が「ボッタクリ」って感じるほど高いんじゃないですかね

因みにB市の幼稚園の保育料(上限)は約2万円です。「幼稚園は十分空きがありますよ(ほぼ希望通りに入園できます)と市の担当者に言われました。保活のために転居する人の気持ちをちょっと理解するほどの格差を感じました

スポンサードリンク

0

takka

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。