街の酒屋が守られる?酒離れが加速する?

2017年6月1日からビール類が値上げになります「ビールの美味しくなる季節になんてことが始まるんだ」という心境です(妊婦なので今は酒類を控えていますが)。郵便料金に加えて値上げの報せが続きます(関連記事:

今回の値上げの原因は酒税法の改正で、今まで薄利多売で安売りしていたスーパーに”安売り規制”をして街の酒屋を守る目的のようです。しかしこれで消費者の酒離れのキッカケになったら意味がないような…

個人的な意見ですが、企業や事業者が努力して工夫しているところに政治手出しするのは良くないかと。酒好きの旦那に言わせると「値上げは困るが”角打ち”を守るためには仕方ない」とのことです。角打ち(かくうち)とは酒場の一角で立ち飲みすることで、”四角い升の角に口をつけて飲む”ことから角打ちと言われています。

旦那にそう言われて仙台市の生ギネスを飲める角打ちを思い出しました。うん、値上げを受け入れましょう。

広告


【目次】
● 値上げは酒税法の改正が原因
● 今回の値上げで酒離れが加速?
● また法改正?税率が一律55円?

値上げは酒税法の改正が原因

2017年6月1日からのビール類の値上げは5月に議員立法で成立した酒税法の一部改正が原因です。酒類を大量に販売する大型店にはメーカーから”リベート(販売奨励金)”が受け取れたので、それらを踏まえてビール類を安く販売していました。このような薄利多売による”過剰な安売り”は街の個人商店(酒屋)には難しく、結果として大型店には販売価格で敵わないという状態になっていました。今回の法改正は街の個人商店のためのものといっても過言ではありません。

今回の法改正による規制
● 仕入原価と販管費(人件費や光熱費)の合計額を下回ってはいけない
● 周辺の販売業者の売り上げに多大な影響を与えてはいけない
● メーカー側はリベートの支払い基準が厳格化される
  ↑
事業者の”努力”や”工夫”を踏みにじる御達し
(規制に従わないと酒類の製造・販売免許の取り消しや罰金が科される)

今回の”安売り規制”においてはガイドラインなどが特になく、規制内容も”状況を見て判断”していくところもあり一言で値上げといってもいくらにするかは難しいところのようです。ただ間違いなく値上げするので現在は駆け込み需要が多く、5月下旬は通常の3倍以上の売り上げとなっている量販店も少なくありません。

今回の改正について街の人の意見は「コンビニでビール類を買いやすくなるというものが多かったです。今回の法改正はコンビニとの価格差が縮まることになり、消費者の足は街の酒屋ではなくコンビニに向かうことが予想されます。

今回の値上げで酒離れが加速?

近年日本人の飲酒習慣が薄れています。東京都生活文化局が2017年に実施した「健康と保険医療に関する世論調査」では「酒を飲まない」と答えた人は41.6%で、2014年に実施された前回調査に比べると3.3ポイント増加しています。

特に若い世代には酒を飲まない人が増え、今回の調査では20代男性の25.3%、20代女性の34.2%が「酒を飲まない」と回答しています。50代男性の半数近くが「(ほぼ)毎日酒を飲む」と回答したことに比べると対照的な結果となります。今回の調査によると飲酒習慣の壁は30代にあり、40代・50代の言う”飲みニケーション”が若い世代に通じず、アルハラが問題になっていることが何となく分かる結果となりました。

今回の値上げにより日本人の酒離れ加速することが予想されます。ビール離れが進めばメーカーの収益圧迫の要因になりかねません。実際に今回の値上げに対して街の意見は「飲む本数を減らす」「安い缶チューハイなど他の酒に切り替える」というものが多かったです。

また法改正?税率が一律55円?

今回の酒税法改正の他に、2026年にはビール類の税額を55円程度に一本化する法改正が進められています。現在の酒税法ではビールの税額は77円、発泡酒の税額は47円、第3のビールの税額は28円になっています。これを9年かけて段階別に税額を調整していき、最終的には55円程度で統一しようという取り組みです。ビール離れを防ぐために発泡酒を生み出し、次に第3のビールを生み出してきた企業努力をとことん踏みにじる取り組みと言わざるを得ません。

一番歴史が新しい”第3のビール”はビールや発泡酒とは別の原料・製法で作られたビール風味の発泡アルコール飲料の名称です。「新ジャンル」と称することでビールとの誤認を避けるメーカーもあります。

酒税法上「ビール」または「発泡酒」に属さないために
● 第3のビールは原料を麦芽以外にする
● 発泡酒に別のアルコール飲料を混ぜる

第3のビールが生まれた背景には酒税法があります。2003年の酒税法改正前まではビールよりも税率の低い発泡酒が販売数を伸ばしていましたが、法改正により発泡酒の税率が引き上げられ発泡酒が値上げすることになりました。これが原因による消費者離れを危惧したメーカーはより低税率になるように第3のビールを研究・開発しました。”安さ”という魅力を第3のビールに奪われた発泡酒はそのシェアを第3のビールに奪われることになりました。

第3のビールの販売数が増えると税収が減り、国税庁は税収不足に苦慮して2006年に酒税法を改正し第3のビールを3.8円増税(350mlの場合)、一方でビールを0.7円減税することにしました。しかし少子化や外食離れ・酒離れなどによりビール類の出荷数は12年連続で減少しており、税収不足は依然継続しています。今回の一律55円策は税収不足の改善を目的としています。

ここで注意したい点が消費者が「高い」と感じる額です。現在の税率ベースで仮定するとビール(350ml)が177円の場合、発泡酒は147円、第3のビールは128円となります。第3のビールが発泡酒のシェアを奪って販売数を伸ばしているということは”147円は高い”と感じていることになります。

今後税率が改正されると一律で155円になります。今までの傾向から147円で高いと感じていた人が155円は高すぎると感じて離れていく、ビール離れが進むという予想が優勢となっています。

【関連記事】
(April 23, 2017)

スポンサードリンク

0
アバター

takka

シェアする

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください