初秋の清里旅行(2)バイクイベント初参加

気持ちのいい秋晴れの中、八ヶ岳の眺望が見事なサンメドウズ清里で開催されたMTオーナーズミーティングに参加してきました。

参考:第2回MTオーナーズミーティング(YAMAHA発動機公式サイト)

MTのオーナーは旦那だけですが、せっかくなので家族で出かけて清里のペンション「カントリーハウス遊々舎」に1泊することにしました。道中については「」を読んでください。

今回はMTオーナーズミーティングに参加した感想と、甲斐大泉駅のちょっとだけ北にある「カントリーハウス遊々舎」を紹介します。

広告

MTオーナーが大集結

長野方面から国道141号線を南下してくると、「学校寮入口」という丁字路を右折してサンメドウズ清里に向かいます。

サンメドウズ清里は冬はスキー場ですが、夏場には頂上に『清里テラス』が設置され標高1,800mからの眺望を楽しめるようです。清里テラスについてはサンメドウズ清里公式サイトを確認してください。

そのためこの日サンメドウズ清里に向かう人は大きく2分、バイカーと清里テラス組です。N-BOXでトコトコやってきた私たちも清里テラス組に間違われました

同時に到着した清里テラス組はふわふわしたワンピースにサンダル姿、とってもガーリーな姿で続々とご登場です。「あの恰好でリフトに乗るんだ」と或る意味感心してしまいました。
  ↑
サンメドウズ清里の公式サイトに写真がありますが、ここのリフトは転落防止のバーがあるだけのむき出しリフトです。多少の風でも揺れるし、足元は完全フリーです(サンダル落としたらどうするんだろう)。

余談ですが私の母も友人と近日中に清里テラスに行くようです。服装はきちんと厳選するように注意して、靴だバッグだを落して施設の皆さんにご迷惑をおかけしない様にしようと思います

そんな彼女たちを横目に私の運転する車は一番下の駐車場に案内されました。会場の隣にある駐車場はMT専用駐車スペース、それ以外は一段下の駐車場行きとなりました(超アウェー感あり)。
 ↑
MTだけが大量に揃う姿は壮観。来場者の絶景写真スポット

展示されたMTとは違って個々の使い方に合わせてカスタムされたMTたちは目にも楽しく、会場入口まで結構歩きましたが楽しかったです

入口では来場記念のMTステッカーをもらえました。娘も(なぜか)2枚もらえてご満悦です1枚は娘の3輪車に貼ってあげようと思っています

入口付近でバイク番組に出ている”あやみん”さんを見かけたので、娘をダシにして一緒に写真を撮ってもらいました(子連れ最高)。完全オフのようでしたが丁寧な対応をして頂けました

MTオーナーじゃなくても楽しい

バイクと娘
駐車場所では迫害を受けましたが、会場に入れば皆同じ『バイク好き』ということで子連れでもライダーさんたちに温かく仲間扱いしてもらえました。

周囲の歓迎ムードを感じるのか、普段人見知りする傾向のある娘がライダーさんたちの間を平然と歩き、時には走り回っていました。

イベントではチャリティオークションが実施され、娘も楽しそうに参加していました(意味わからず周囲の真似をして指を1本立てるから怖っ)。

イベントにはバイクの部品メーカーなどはもちろん、地元(県内?)の飲食店も協力していました。ランチはガッツリとステーキ丼、秋風にガーリックの芳ばしい香りが混じっていました

MTグッズの売場では旦那が特にウキウキとMTグッズを買っていました(クレジットカードを使えたので尚更ですね)。

家族向けペンションを楽しむ

カントリーハウス遊々舎の外観
予約したカントリーハウス遊々舎は八ヶ岳高原の標高1,200mに建つ宿です。予約の決め手となったのは離れにある温泉、近隣の泉温泉から汲み湯した温泉です。

カントリーハウス遊々舎公式サイト
(パンフは標高1,200m、サイトは1,000m…200mの差って結構かと

部屋ごとの貸切(50分間)で予約制です。事前に予約することもできますが、当日あいている時間帯に利用することもできます。空き時間があったこともあり、夕方、夜、そして朝風呂(30分間貸切)と楽しむことができました。
  ↑
この貸切温泉にはリピートの価値あり

ペンションの楽しみはアットホームな雰囲気と家庭料理です。多趣味なオーナーとの歓談は楽しいものでした。「今度は4人で来て下さい」とコスモス咲き乱れる庭で家族写真を撮ってもらいました。

部屋は大人4人が余裕で泊まれそうな広い部屋でした(ベッド2台に6畳の和室スペース付き)。自由に使える冷蔵庫(共用)もあるので、周辺散策して要冷蔵品を買っても安心です(我が家は地元のポッポ牛乳1本)。

夕食は美味しく、ボリューム満点で食べ盛りの男子でも満足しそうな料理です。朝食は地元の食材や、パンやソーセージを使った美味しいものでした。

ホテル宿泊も良いですが、やっぱりペンションは落ち着いて楽しめます個人的な意見ですが、子連れにはペンションの方が臨機応変が可能なのでオススメです。

スポンサードリンク

0
アバター

takka

シェアする

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください